転職ノウハウ

コロナで転職が決まらない20代後半のボクが内定を勝ち取った方法

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約510
ともこ
ともこ
私は26歳。転職をしているけれど、コロナの影響もあってなかなか内定をもらえないでいる。このままだと生活ができなくなってしまう、、、。どうすればいいんだろう。

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

はじめましてトモヤです。まずは簡単な自己紹介からさせてください。

ボクは大卒フリーターのち公務員として約2年勤務、民間3ヶ月、派遣社員4ヶ月、契約社員を2ヶ月、、、(ついでに引きこもりニート1年)という感じでかなりフラフラした人生を送ってきたクズです。

そんなボクですが、今はとある商社から内定を頂くことができ、正社員として転職を成功させることができました。

今回はそんなボクから、過去のボクと同じように転職活動で悩んでいる人のために記事を書きました。

ボクが実際に内定を勝ち取るまでの方法を包み隠さずお話しています。ボクの実体験に基づく内容なので、そこらへんのアフィリエイターの書いた記事とは違って、あなたの役に立つはずです。

 

【体験談】引きこもりニートが社会復帰するまで【難しいけど可能】 このようなお悩みにお答えしていきます。 https://www.kaerudakero.blog/esca...

コロナで転職が決まらない20代後半のボクが内定を勝ち取った方法【結論:エージェントを使った】

結論です。ボクはエージェントを使って内定を勝ち取りました。

えー、なんだー。結局エージェントかあ。なんかガッカリ。もっと革命的な方法を使ったのかと思っていました。。。

と、思う人もいるかとはずなので、ボクがエージェントを使おうと思った理由のお話もしていきますね。

2020年3月僕はブラック企業に入ってしまった

2020年の2月の話です。ボクはエージェントを使って転職活動をするのが面倒だと感じていたので、自分1人で転職活動をしていました。

リクナビNEXTで良さげな求人を見つけて、エントリーして面接をして、すんなりと内定をもらうことができました。しかし、入ってみたら業務内容が求人とは全く違う内容でした。どんな仕事をしていたのかというと、簡単に言うとテレアポです。

このときは本当にショックでした。すぐに辞めてしまうと履歴書にもキズがついてしまうし、短期離職をしてしまうと、次の転職活動にデメリットしかない、、、。

こんな経験があったので、私は自分の力で転職活動をすることを諦めて、転職のプロであるエージェントの力を借りることを決意しました。

2ヶ月で退社した。

ここまで話してきたように、ボクは自分ひとりで転職活動をして失敗をしてしまいました。

そして、その時に入社した会社は2ヶ月で退社しました。退社後はエージェントとの面談をして、ボクの経歴がどうやったら、就職活動でマイナス印象を与えずに済むのか?という点を話し合いました。

冒頭でもお話したとおり、ボクは大卒フリーターのち公務員として約2年勤務、民間3ヶ月、派遣社員4ヶ月、契約社員を2ヶ月、、、(ついでに引きこもりニート1年)という感じでかなりフラフラした人生を送ってきたクズです。

こんな経歴なので、ボクはこのまま一生底辺の生活を続けていくんだろうなあ、、と、ある種の覚悟をしていました。

エージェントで教えてらった3つのこと

ボクはエージェントで、大きく3つのことを学びました。

・これまでの経歴の振り返りと、うまい伝え方

・面接で伝えてはいけないこと、聞いてはいけないこと

・面接で落ちてしまう人の共通点

お世辞抜きで目からウロコでした。なぜなら、ボクはこれまで「面接=コミュ力」だと思っていたからです。それがエージェントとお話をすることで、ボクの考えが全くの見当違いであることに気付かされました。

「面接=コミュ力」ではなくて「面接=答えがある」ということを知りました。

23日で内定GETしました。

「面接=コミュ力」ではなくて「面接=答えがある」ということを知ったボクは、エージェントに申し込んでから23日で内定を獲得することが出来ました。

この結果はボクが特別なスキルがあったからでもなく、コミュ力があったわけでもなく、イケメンだったからでもありません。ただ、エージェントで面接の対策をして、事前準備をしていただけです。なので、これといって特別なことは何一つしていません。

プロのアドバイスにもっと早く耳を傾けていればよかった。

今思えば、もっと早くエージェントに頼っておけばよかったな、、、と思っています。とはいえ、エージェントって無料面談とか、カウンセリングとかが面倒だから、どうしても使うのをためらってしまうんですよね。

でも、よくよく考えれば、たった数時間の面談で、より良い就職ができるようになるのであれば、それってすごくお得なんですよね。

【必見】転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思うあなたへ このようなお悩みにお答えしていきます。 https://www.kaerudakero.blog/cont...

どこのエージェントを使った?

転職エージェントは JAIC(ジェイック)というサービスを利用させてもらいました。JAICを選んだ理由は、リベ大の両学長がおすすめしていたからです。

 

▼下記の動画で紹介されています。

 

 JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(ちなみに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

 JAIC(ジェイック)はフリーター/ニート/中退者など、、、経歴に傷がついた人たちに向けての求人を紹介してくれます。なのでボクと同じように暗い過去を持っている人であればジェイックは本気でオススメのエージェントです。

コロナで大変なのはみんな同じ

コロナで転職活動はとても大変になっています。実際ボクの知人20名ほども転職活動をしているのですが、10社くらい落ちたりするのは当たり前になっています。

だから、もしあなたが転職活動でうまくいかずに苦しい気持ちを持っているのであれば、苦しいのは、あなただけではないので、けっして落ち込んだりしないでくださいね。

もし、1人で抱え込んでしまって辛いのであれば、エージェントに頼ることを本気でオススメします。

ボクはエージェントで20人ほどの転職仲間ができました。仲間がいたから、コロナの中でもメンタルを壊さずに転職活動を続けることができました。

コロナでただでさえ大変な転職活動を、1人で乗り切るのはボクには無理です。心が強くないので、、、。なので、ボクと同じように心が弱い人は、ぜひエージェントに頼ってみてください。

なんかゴリ押ししているみたいに感じるかもですが、もし仮に無料カウンセリングをしても、変な押し売りとかは一切してこないので、安心してくださいね^^::

それでは、この記事を読んだあなたが、少しでも早くより良い転職ができることを祈って、この記事を終わりとさせていただきます。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

紹介リンク

 JAIC(ジェイック):厚生労働省委託「職業紹介優良事業者推奨事業」の職業紹介優良事業者として認定されています。(ちなみに東証一部上場企業です)

「職業紹介優良事業者推奨事業」とは?

※全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない信頼の証。72項目に及ぶ国の審査基準に合格。

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です