転職ノウハウ

仕事で何がしたいか分からない20代です。なぜ人は生きるの?

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約425

 

ともこ
ともこ
トモヤさんはじめまして、私は現在25歳です。正直これといってやりたい仕事もありません。とりあえず生活できるだけのお金があれば十分です。

でも周りの友人達はやりたいことに向かって頑張っていてキラキラしています。そんな友人たちを見ていると、自分が情けなく思えてしまって、生きているのが辛くなってしまいます。私はどうすればよいのでしょうか?

このようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや
どうもトモヤです。今回のご質問者様のお悩みに関してはボクも抱えていた悩みなので取り上げさせていただきました。

まず結論からいうと、やりたいことで飯を食っていける人間なんてほぼゼロだということ。だから、やりたいことがないからって負い目を感じる必要はないです。じっさいボクも今働いている会社の業務は興味ありません。でも、生きるためには働かないといけない。だから働く。

何をしたいのかわからなくなる原因

とはいっても、ご質問者様の気持は痛いほどわかります。だって、今の日本って働き方改革とかワーク・ライフ・バランスがどうだとか、色んな意見がありますからね。この色んな意見があるせいで、逆に自分の働き方に疑問を持つ人が増えてしまい、質問者様のような悩みを作り出してしまう人が増加している。

と、ボクは思っています。

悩むことは全然OK

べつに悩むこと自体は全然OKです。だって人は悩むからこそ、いろいろなアイデアを考えるをしますからね。世界がここまで発展してこれたのも、人が悩み、考えることができる生物だったらです。なので悩むこと自体は全然OK。

こんな悩みはNG

でも、悩みの種類でもこれだけはやっちゃNGっていうものがあります。それは他人との比較で生まれる悩みです。たとえば今回の質問者の悩みだと、夢や目標を持って頑張っている友人と自分を比べてしまって凹んでしまっています。これはやっちゃいけない悩みです。

だって他人と自分を比べたところで、上の人を見れば自信を失うし、下の人を見れば安心して努力することをやめてしまう。だから他人と自分を比較することはメリットが一つもないんです。

ともや
ともや
とはいえ、他人と自分を比較してしまう気持はよーくわかります。だって、今ってSNSが発達しているから、自分よりすごい人の情報をいくらでも手に入れることができてしまいます。ボクだって、自分よりイケメンでお金持ちの人をみると落ち込みます。だからボクはSNSは見ないようにしています。

ある研究結果によると、インスタグラムはメンタルを病みやすいSNSだと判明したんだとか。

仕事で何をしたいかわからないときの解決策

んで、質問者の方は仕事で何がしたいのかわからないってことなので、その解決策も紹介しておきますね。

色んな分野の企業の面接を受ける

仕事で何がしたいのかわからないときは、いろんな分野の仕事の面接を受けてみるのがいいですよ。

いろんな分野の仕事の面接を受けてみる理由としては、仕事で何がしたいのかわからないときって、自分の中の情報不足が原因であることが多いからです。

たとえば、子供の頃って好きな食べ物を聞かれても、食べ物の情報が少ないから、答えられる食べ物のパターンが少ないですよね。

ともや
ともや
これと同じで、仕事で何がしたいのかわからないときも、仕事についての情報が少ないだけってことが非常に多いパターンです。じっさいボクもそうでした。なので、ボクはたくさんの企業のお話を一日で聞くことができる企業説明会に参加して2日で16社のお話を聞かせてもらいました。

何もしたいことがないのは、自分にできることが少ないから

この説明会に参加することで、世の中にはこんな仕事があるんだなー、、、って感じで視野が広まりました。なので仕事の選択の幅が広がりました。企業の説明会に参加する前の自分は、少ない選択肢の中から仕事を選んでいたんだな、、、、って感じました。

ちなみに、この合同説明会っていうのはジェイックという転職エージェントで受けさせてもらいました。無料で利用できるので興味のある人はぜひ利用してみてください。仕事選びにおいて、何かしらのヒントはゼッタイに得られます。

その他にもボクが実際につかって良かったと感じた転職エージェントは下記にまとめておきました。

【厳選】ボクが実際に使ってよかった転職エージェントTOP5位【厳選】ボクが実際に使ってよかった転職エージェント トップ5位 1位 JAIC(ジェイック) 初めて使ったエージェントは...

なぜ人は生きるのか?

あと、「なぜ人は生きるの?」ってことなんですけど、この答えについては、「暇だから」というのがボクの答えです。どうせ人は放っておいても死んでしまいます。そして、人生は死ぬまでの暇つぶしだと考えています。

人はどうせ死ぬので、せめて生きている間は楽しく過ごしたい

どうせ死ぬんだから、できるだけ楽しい選択肢を選んで人生を終わりたくないですか?んで、この楽しい選択肢っていうのは、自分が楽しいと思えればそれでOK。人生は自己満です。

ともや
ともや
他人にどう思われるか?とか考えるのも大切ですけど、そればっかり考えていたら自分の人生が生きられなくなってしまう。だから自分なりのバランスを見つけて心地よい生き方を見つけられれば良いんじゃないですかね。具体的な解決策を提示できなくて申し訳ないですがこれがボクの答えです。

悩んでいるのは自分だけではないから安心しよう

悩んでいるときって、自分だけが悩んでいるんじゃないか?って感じちゃうと思います。ですが、決してそんなことはないです。

仕事をしている人も将来のことを不安になることがあります。お金持ちの人もお金がなくなってしまう恐怖と戦っています。つまり人間は常に悩むということです。

みんな同じように悩みを抱えて生きていると考えたら少し気持がラクになりませんか?もちろんボクも毎日なんかしらの悩みを抱えて生きています。

たとえば、もっとイケメンになりたいとか、もっと稼ぎたいとか、、、、考えたらキリがありません。大切なのは悩みとうまく付き合っていくこと。

悩みがあるから人は頑張れる、という具合に悩みに対する考え方を変えていけば、悩みともうまく付き合っていけるんじゃないかと。

心理学用語ではこの考えを「リフレーミング」と呼びます。

それでは、今回はこのあたりで終わります。

 

紹介リンク

ジェイック

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です