転職ノウハウ

転職に受からない不安を消す方法3つ【チェックリスト有り】

仕事を辞めたのはいいけど、ぜんぜん転職に受からない。

こんなことになるなら、働きながら転職活動をすればよかった。

このままだと、貯金がなくなってしまう…。

どうしよう。。。

転職に受からないと、一生このまま無収入が続くのではないか?と不安になってしまいますよね。

その気持ち痛いほどわかります。

なぜなら僕は2020年4月からコロナウイルスの影響で約1年無職だったからです。

無職のときは毎月貯金が減っていくので本当にしんどかったです。

『家賃が払えなくなったらどうしよう』『もっと節約しないと』毎日こんなことばかり考えていたので生きている心地がしなかったし、生きていても全くたのしくなかったです。

と、冒頭から暗い話をしてしまいましたが、今では無事に就職することができました。

今回はこんな僕が、『転職に受からずに不安になっているあなた』に向けて記事を書きました。

この記事を書いた人

ともや

公務員として約2年勤務するも適応障害で退職し1年間引きこもりを経験。

ニート,フリーター,契約社員,派遣。すべての業種を経験。 これまでに転職5回経験したが、転職エージェントのおかげで念願のホワイト企業へ転職を成功させた。

【2022年1月26日現在】このサイトからの転職成功者は二桁を超えており、アクセス数は1万を超える。

この記事を読むことで、

①転職活動に受からない不安を消すことができます。

②転職活動がうまくいきます。

2022年1月26日

ニート・フリーター転職の最新情報 

今月は転職活動のライバルが少ないのでチャンスです。なぜなら、日本の会社の採用活動は2〜3月、8〜9月に活発になるからです。

また、1月の求人というのは、退職者や人員不足を補うために出している求人が多いのが特徴です。

つまり1月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

この時期は年末業務が多く、いそがしいので他のライバルも動き出そうとしません。

ですが、あえて、ここで動き出すことでスムーズに転職活動が進むかもしれません。

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『第二新卒エージェントneo』と『JAIC(ジェイック)』です。

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『第二新卒エージェントneo』でした。

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『JAIC(ジェイック)』です。ジェイックは、以前は都心のみに対応していましたが、コロナ対策によって全国にリモート対応となりました。

『第二新卒エージェントneo』『ジェイック』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

第二新卒エージェントneo


第二新卒エージェントneo
スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

ジェイック

就職支援のJAIC(ジェイック)『リベラルアーツ大学 両学長』もイチオシの転職エージェト

日本で42社しか認定されていない『職業紹介優良事業者』

東証1部上場企業なので安心して利用できる。

転職に受からない不安を消すためのチェックリスト3選

転職受からない不安を消すためのチェックリスト3選は以下のとおりです。

受かりやすい志望動機を作れているか?(答えアリ)

面接官の『なにか質問ありますか?』に対しての答え方

転職面接で落ちる話し方をしていないか?

これだけだと何言っているのかよくわからないと思うので、1つずつ解説していきます。

受かりやすい志望動機を作れているか?(答えアリ)

志望動機をうまく作ると面接官からの印象がアップしますし、志望動機をつくる過程で会社のことを深く理解できるので、面接での質問にもスラスラ答えることができます。

つまり面接を突破するためのカギは、受かりやすい志望動機を作ることです。

受かりやすい志望動機の作り方は以下のステップです。このステップを踏めば誰でもかんたんに受かりやすい志望動機を作ることができます。

受かりやすい志望動機を作るための3ステップ
  1. 会社のホームページを見る
  2. 『何を(どんな)製品(サービス)を』『どうやって』『販売しているのか』を整理する
  3. 以上のポイントを踏まえて志望動機を作る。

では具体的に作ってみましょう。

(例)医薬品メーカー

・何を→医薬品を

・どうやって販売しているのか→WEBで販売あるいは営業で販売

(例文)

御社ではWEBで医薬品を販売しており、この取組がもっと広まることで、体が不自由でなかなか病院に行くことができない人でも、自宅で医薬品を手に入れることができると思います。

私は、そんな御社の取り組みに感動し、御社の一員として、この取組をより多くの方に届けたいという思いから、御社を志望させていただきました。

おさらい
  1. 会社のホームページを見る
  2. 『何を(どんな)製品(サービス)を』『どうやって』『販売しているのか』を整理する
  3. 以上のポイントを踏まえて志望動機を作る。

このステップで志望動機を作ることで、会社の特徴を組み込んだ志望動機を作ることができますので、志望動機にオリジナリティーが生まれます。

面接官は何人もの就活生を見てきており、同じような志望動機には飽きていますので、志望動機に少しオリジナリティーを加えるだけでもライバルとの差別化ができますよ。

慣れれば10分くらいでサクッとできてしまうのでぜひ試してみてくださいね。

面接官の『なにか質問ありますか?』に対しての答え方

面接では最後に面接官から『なにか質問ありますか?』と必ず聞かれます。

これを『逆質問』といいます。

このとき、『特にありません』や福利厚生・教育制度のことを質問したらほぼ100%不採用になります。

では、面接官から『なにか質問ありますか?』と聞かれたとき、どう答えれば正解なのか。

実際に僕がかんがえた例文を4つ紹介しますので参考にしてみてください。

『なにか質問ありますか』への回答一覧

・御社の営業マンにはコミュニケーション能力が一番求められていると思うのですが、実際に御社で活躍されている方はどのような方がいらっしゃいますか?

・御社の〇〇という経営理念は、私も日頃から心がけていることなのですが、このような経営理念にたどり着いた理由をお聞かせいただけますでしょうか?

・御社のサービスをより多くの人に知ってもらうためにはネットでの広告や集客をすると良いのではないか、と考えていたのですが、御社では、サービスの認知のための新しい取り組みなどはされているのでしょうか?

・私は御社の仕事のやりがいは、顧客に感謝されることだと考えているのですが、実際に働いている現場の方はどのようなことをやりがいだと感じますか?

この4つの質問には、ある共通点があります。

その共通点とは『自分の考え』がある、ということです。

例えば、『御社の営業マンにはコミュニケーション能力が一番求められていると思うのですが、実際に御社で活躍されている方はどのような方がいらっしゃいますか?』

という回答には『御社の営業マンにはコミュニケーション能力が一番求められていると思うのですが〜』という自分なりの意見があります。

このように、自分の意見を入れつつ質問をすることで、あなたの本気度が相手に伝わります。

ほんのひと手間くわえるだけで、グッと深みのある文章が作れます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

転職面接で落ちる話し方をしていないか?

面接で落ちる人は同じような話し方をしています。

その話し方とは、”PREP法で話していない”ということです。

PREP法というのは

P:Pointポイント

R:Reason理由

E:Example具体例

P:Pointポイント

の頭文字をならべたものです。

PREP法とは?

かんたんにいうと、「結論」から話して、その結論になる「理由」を付け加えて、理由を裏付けする「具体例」をだして、だからこういう「結論」になります。という順番で会話を作っていくという方法です。

この方法を使って会話を組み立てればコミュ障だろうが、陰キャだろうが、誰でもわかりやすい文章をつくることができます。

では、PREP法の具体例を見ていきましょう。

PREP法の例文【自己PR編】

私は責任感の強い人間です。なぜなら、私は小学校から大学までずっと野球をしており、ずっとキャプテンを任されていたからです。野球部時代の監督からも「お前がチームをまとめろ」と言われ続けていたので、周りから見ても、私は責任感の強い人間なのだと思います。

こんな感じです。

練習すれば誰でも使える方法なのでぜひ使ってみてください。

PREP法は、面接だとつい余計なことを喋ってしまう人とか、話の途中で何を話しているのかわからなくなってしまう人などにオススメです。

ちなみに、僕のブログの文章はすべてPREP法を使っていますので、この記事の文章をもう一度読み直してみると勉強になるかもです。

あとがき

ここまで読んでいただきありがとうございます。

転職に受からない不安を少しでも和らげることはできたでしょうか?

転職に受からないのには必ず原因がありますので、その原因さえわかってしまえば、あとは対策をするだけです。

と、口では簡単に言えますが、実際にやってみるのは難しいものですよね。

ぼくも5連続で面接に落とされたときは、自分が社会に必要とされていない無能人間だと言われているような気がしてホンキで凹みましたから。

そんな僕ですが、今はこうしてブログで転職攻略のノウハウを発信できるようになりました。

こうして一般人の僕がブログで転職攻略のノウハウを発信できるようになったのは、僕がすごいからとか、才能があるからとかではなくて、ただ単に転職エージェントをつかって、転職のコツを教えてもらっただけなんです。

とはいえ、今でこそ転職エージェント推しの僕ですが、転職エージェント=胡散臭いと思っていました。

でも、よく考えると、転職エージェントのビジネスモデルって、僕たちを企業に紹介することでお金をもらうビジネスモデルなので、転職エージェントは僕たちを企業に紹介しなければ会社が潰れてしまいます。

なので、転職エージェントは無料なのにとても親切にサポートをしてくれます。例えば23時に転職の悩みを相談したら即レスで返事してくれたりですね。

正直、『無料なのに、ここまでやってくれるのか…』と、ぎゃくにこっちが申し訳なるくらいでした。

なので、転職エージェトを使って転職活動するのはホンキでオススメです。(一応言っておきますが、僕は転職エージェントの回し者ではありませんw)

ちなみに僕が実際に使ってみて特に良かった転職エージェントは下記の3つですね。

よかったら参考にしてみてください。

転職エージェントは2〜3個登録しておくと、いろんな求人を見れるし、担当者のハズレを引く確率を下げることができます。

ともや
ともや

それでは以上で今回の内容を終わります。

この記事があなたの仕事選びの参考になったら嬉しいです。

はなちゃん
はなちゃん
この記事を読んでくれたあなたの就職活動を心から応援しています!!

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

最短1週間のスピード入社ができる!

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

スタッフがあなたとの個別相談で希望にマッチした求人を紹介してくれます。

おすすめ度
名前DYM就職
ポイント最短1週間でのスピード入社も可能です。
対応エリア全国
ともやからコメント経歴や学歴に不安があっても正社員になれるのはDYM転職ならでは

詳細ページ公式ページ

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です