転職ノウハウ

【かんたん】働きながら転職活動のやり方【2021年版】

今のしごとをやめたいけど、次のしごとが決まってからじゃないと不安だなあ。

働きながら転職活動をするのはむずかしいのかな?

 

こんな悩みにお答えしていきます。

 

この記事を書いているぼくは転職回数5回。年齢は26歳です。

良くも悪くも、転職をなんどもしてきたので、転職のコツを知っている自信があります。

 

こんかいは、そんなぼくが働きながら転職活動をする簡単なやり方をまとめました。

 

この記事はこんな人にオススメ

・はたらきながら転職活動をしたい人

・転職活動のやりかたを知りたい人

・いまのしごとをやめたい人

【かんたん3ステップ】働きながら転職活動のやり方【2021年版】

はたらきながら転職活動をする3ステップは以下のとおりです。

はたらきながら転職活動をする3ステップ

求人をさがす

履歴書・職務経歴書をじゅんびする

面接をうける

いや、これ当たり前じゃないですか。

こんな当たり前のことじゃなくて、裏ワザみたいなのないんですか?

たしかに、この3ステップは当たり前すぎますね。

そもそも、はたらきながらの転職活動だと、この3ステップをのんびりやっている余裕なんてないですもんね。

というわけで、裏ワザとまではいきませんが、はたらきながらの転職をラクにするツールをご紹介していきます。

 

はたらきながらの転職活動をラクにするツールとは?

転職エージェントを使うことです。

転職エージェントってうさんくさいし、電話がしつこいからイヤなんだよなあ。

と思う人もいるかもしれません。

しかし、はたらきながら転職活動をするのであれば、転職エージェントを使うのはマジでおすすめです。むしろ使わないと損です。

なぜなら、転職エージェントをつかうことで以下のメリットがあるからです。

転職エージェントを使うメリット4つ

求人をさがす時間を節約できる

履歴書、職務経歴書の準備をしてくれる

面接対策をしてくれる

スケジュール管理がラク

1つずつ解説していきます。

求人をさがす時間を節約できる

じぶんで求人を探していると、ブラック企業をえらんでしまうリスクがあります。

いっぽう、転職エージェントをつかった転職活動であれば、ぼくの意見を聞いたうえで、転職エージェントが求人をさがしれくれます。

そのため、転職エージェントをつかって転職活動をすれば、ブラック企業にひっかかってムダな時間とエネルギーを使わずに済みます。

 

はたらきながら、転職活動をする人にとって、じかんは大切です。

そして、はたらきながら転職活動をするときは、より効率よく、よい会社と、たくさん面接をすることが、はたらきながら転職をするコツです。

転職活動になれている人なら、効率よく、おおくの会社と面接できるかもしれませんが、転職に慣れているひとなんて、めったにいません。

なので、よっぽどじぶんに自信がある人でもない限りは、転職エージェントをつかって転職をすることを強くオススメします。

スポーツとおなじで、転職活動も、いちどフォームを固めてしまえば、あとは勝手に上達していきます。

なので、はじめはめんどくさがらずに、プロの意見をききながら転職活動していきましょう。

履歴書、職務経歴書の準備をしてくれる

履歴書と職務経歴書をかいたことのある人ならわかると思いますが、この2つの準備ってほんとうにめんどうですよね。

「なにを書いたらいいのかわかんないし、なにが正解なのかわからない…。」

答えのない問題を解くのって、ゴールのないマラソンを走っているようなものです。

 

そのため、転職へのモチベーションもだんだんと下がっていき、時間だけがムダに過ぎていきます。

ですが、転職エージェントでは履歴書と職務経歴書をプロ目線で作成してくれます。

なので、時間のせつやくはもちろん、ストレスもフリーだし、面接にうかりやすい書類を作ることができます。

 

じっさいぼくはDODAという転職エージェントで書類をつくりました。

DODAで書類をつくった感想は

「え?こんなに簡単につくれるの!?」という感じですね。

 

「自分でひたすら悩んでいた、時間はなんだったんだろう。」

「もっとはやく転職エージェントにたよっておけばよかった…」

と、後悔したのをいまでも覚えています。(笑)

面接対策をしてくれる

「面接対策なんて、いまさらする必要あるの?」

「新卒じゃあるまいし、面接なんてコミュ力でしょ」

と思う人もいるかもしれません。

 

というか、ぼくがそう思っていました。

でも、ぼくはひとりで転職活度をしているとき、5回連続で面接におちました。

【2021年現在】20代で転職しまくる男の末路【転職回数5回】 そして、残念ながら、あなたの予想は当たっています。なぜなら、ボクは今回の転職活動では6社連続で不採用だったからです。 ...

 

ぼくはそれなりにコミュ力もあるし、国公立大学をそつぎょうしているので「転職なんて余裕♪」と思っていました。

それが、5連続で不採用ですからね。

さすがにメンタルやられました。

なので「このままじゃヤバい…」「一生フリーターかも」とおもい、めんどうだけど転職エージェントのサポートを受けることをきめました。

その結果、わずか21日で第一志望の会社から内定をもらうことができました。

スケジュール管理がラク

はたらきながら転職活動をしていると、スケジュールの管理がめんどうですよね。

しごとの関係で土日しか活動できないばあいもあるし、いろんなことを考えて求人を探さなければなりません。

ただでさえ、転職活動はストレスフルなのに、スケジュール管理でさらにストレスでダメージを受けていたら、スタミナが持ちません。

ですが、転職エージェントに頼ってしまえば、こちらの空いているスケジュールに合わせて面接の日程をいれてくれるので、スケジュール管理がラクです。

スケジュール管理のような、ムダなことに集中力をうばわれないで済むので、じぶんのやるべきことに集中できるようになります。

その結果、ストレスがへりますし、より転職活動に集中することができます。

転職エージェントはどれを使えばいいの?

おすすめの転職エージェントは年齢やひとそれぞれの状況によってちがいます。

が、ぼくと同じように20代であれば下記の転職エージェントに登録しておけば間違いないです。

JAIC(ジェイック):僕は最終的にジェイックの紹介企業で就職を決定しました。マンツーマンの親身なサポート。紹介される企業の質の高い。

パソナキャリア:はじめての転職・はじめての転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方など、 丁寧にサポートしてくれます。(各種ランキングにもランクインしてます。)

未経験ナビ:学歴が低く、大手人材紹介会社の転職サービスを登録したとしても、手厚いサポートは受けられず、サービス利用満足度が低い方向け。

第二新卒エージェントneo:仮に不採用でも、不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来ます。悪い点を改善し続ければ、勝手に結果は付いてきます。

DODA:取り扱っている求人は、80%以上がサイト上には公開されていない非公開求人です。自分では見つけられなかった求人をエージェントサービスに登録するだけで見つけることができます。

マイナビエージェント:人事&採用担当との太いパイプがあるので、内定率が非常に高いです。各企業の人事担当者と直接会って、求人票だけでは分からない、企業の社風や雰囲気情報を入手しています。

ぼくは短期集中でさっさと転職をおわらせたかったので、この転職エージェントにぜんぶ登録しました。

でも、ぼくみたく全部にとうろくしておく必要はありません。

なので、あなたがサイトを見て「なんかじぶんに合ってそう」と思ったエージェント2〜3社くらいに登録しておくのがベストです。

1社だけじゃなくて、2〜3社に登録しておく理由は、いろんな求人をみることができて、よりよい条件の企業をえらぶことができるからです。

 

転職エージェントは、あなたを紹介することでお金をもらっています。

なので、就職させるために、ぜんりょくでがんばってくれます。

といか、就職させないと会社が潰れてしまいますからね。

こっちが申し訳なるくらい親身になってサポートをしてくれます。

 

ぜひ、あなたに合った転職エージェントを見つけて、よりよい転職をしてもらえればと思います。

それでは、こんかいはこのあたりで終わります。

 

はたらきながらの転職活動はきついですが、ほかの人と一緒ならがんばれます。

ぼくもあなたを応援していますし、転職エージェントのひともぜんりょくで応援してくます。

なので、ひとりでかかえこまずに、だれかのサポートをうけることを考えてみてくださいね。

 

それでは。

またどこかでおあいしましょう。

 

【必見】転職エージェントの電話面談がめんどくさいと思うあなたへ このようなお悩みにお答えしていきます。 https://www.kaerudakero.blog/cont...
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

2021年9月29日

ニート・フリーター転職の最新情報 

 

 

今月は転職活動をするのにバッチリなタイミングです。なぜなら、日本の会社は4月を年度始まりとしている企業が多く、10月は下期の始まりになります。

そのため、10月は会社の経営方針に沿って「中途採用でどんな人材が必要か」が明確になっています。

つまり10月は企業が中途採用に熱心な時期ということです。

実際にぼくが利用した転職サイトでオススメなのが『第二新卒エージェントneo』と『DYM就職』です。

ぼくは東京に暮らしているので一番やくに立ったのが『第二新卒エージェントneo』でした。

東京以外にお住まいの方におすすめなのは『DYM就職』です。DYM就職は、全国に対応した転職サイトです。

『第二新卒エージェントneo』『DYM就職』は求人サイトでは見ることができない“非公開求人”もあります。

転職を考えている方はもちろん、今は転職できない方も登録だけしておいて最新の情報を見逃さないようにしておくことをオススメします。

第二新卒エージェントneo


スタッフは全員第二新卒。

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る!

取引企業は約1万社

DYM就職

求人は全国32箇所に対応

正社員求人100%

書類選考なしなので履歴書で落ちない

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です