仕事のストレス解消法

【ムカつく】年下なのに上から目線のヤツの対処法3つ【職場】

「なんでコイツ年下なのにタメ口なんだろう。」

「しかも、ぼくのこと呼び捨てでよんでくるし」

「しごともできないくせにエラそうだな…」

 

これはぜんぶ、ぼくが23歳のころに抱えていた悩みです。

ともや
ともや

どうもトモヤです。こんにちは。

ぼくは今から3年前、23歳のころに、公務員としてはたらいていました。

当時、ぼくは大学を卒業したばかり。

いっぽう、ぼくの上司は高卒で公務員としてはたらいていた20歳のおんなの子です。

そして、この女の子が年下なのに上から目線だったわけです。

というわけで、こんかいは、年下なのに上から目線のヤツのたおしかたを、あなたに伝授していきます。

この記事をよむことで、あなたはひごろから抱えているストレスを発散させることができるでしょう。

といわけでやっていきましょう。

年下なのに上から目線なヤツのたおしかた3つ

まずは結論から。

年下なのに上から目線のヤツのたおしかたは3つあります。

・しごとのことを質問しまくる

・ほめまくる

・転職する

この3つです。

1つずつ、じゅんばんに解説していきます。

【無収入】仕事をクビになって人生終わりかけた話【25歳で無職】 この話は2020年4月にじっさいにぼくに起こった出来事です。 【無収入】仕事をクビになって人生...

・しごとのことを質問しまくる

年下なのに上から目線のヤツのたおしかた1つ目は

「しごとのことを質問しまくる」です。

 

しごとのことを質問しまくる理由は、

「あいての答えられないレベルの質問をすることで恥をかかせるため」です。

 

たとえば、(上司は中島とします)

「中島さん、この書類はどうやって処理すればいいんですか??」

と、あなたが上司である中島さんに質問したとします。

すると、上司は「頼られてうれしい」という気持ちになるか、「やべえ、わかんねえ、はずかしい」という気持ちになります。

どちらにせよ、上司にしごとのことを質問しまくるのは、良い人間関係をつくることにもつかえるテクニックです。

ただし、「それくらいじぶんでやれ」と思われるような、かんたんな質門をしてしまうと、ぎゃくになめられてしまいますので要注意です。

・ほめまくる

年下なのに上から目線のやつは「認められたい欲求」がつよい傾向があります。

なので、そんな「認められたい欲求」を満たしてあげれば、たおせます。

 

たとえば

「やっぱしごとできますね」

「しらなかったです。勉強になりました」

こんなかんじでほめればOKです。

 

とはいえ「お世辞いったらぎゃくにきらわれそう」

と、思われるかもしれません。

 

しかし、お世辞を言われてもイヤな気分にならないですよね。

 

ふしぎなもので、お世辞を言ってる人をみるとイヤな気分になりますが、じぶんがお世辞をいわれるぶんにはイヤな気分にはならないんです。

だから、お世辞を言って、あいてをコントロールしてしまうのはオススメの倒しかたです。

「負けるが勝ち」です。

・転職する

ここまでは「しごとのことを質問しまくる」「ほめる」という方法を解説してきました。

が、ざんねんながら、よのなかには「話のつうじないヤツ」いわゆる「あたまのわるい人」が存在します。

そんな、「あたまのわるいひと」が上司あるいは指導係になってしまったら、諦めるしかありません。

まさに「焼け石に水」なにをしてもむだです。

ですので、「あたまのわるいひと」が上司あるいは指導係になってしまったばあいは、「がまんしてはたらく」「転職をする」の2つの選択肢しかありません。

(上司の変更をおねがいするという方法もありますが割愛します。)

 

そして、ぼくは、「がまんしてはたらく」「転職をする」という2つの選択肢から、

「転職をする」という選択肢をえらびました。

 

なぜなら、20代は、いくらでもやり直しができる年齢だからです。

これが30代であれば、転職もむずかしいですが、20代なら大丈夫。

なぜかというと、転職エージェントでは18歳〜29歳を対象に就職支援をしているから。

つまり「18歳〜29歳なら、まだ転職まにあう」というメッセージでもある。

だから、ぼくはおもいきって、年下なのに上から目線のヤツから逃げる決意をしました。

そして、その選択は大成功でした。

なぜなら、いまの仕事はとてもたのしいし、職場のにんげん関係もよいから。

 

もちろん、転職をしているときは

「このまましごとが決まらなかったらどうしよう」

という不安がありました。

 

でも、いまになって思うのは

「あのとき、がまんして無理に仕事をつづけなくてよかった」

という気持ちです。

 

もちろん、がまんしてものごとを続けることはすばらしいことです。

ただし、がまんしすぎてメンタルを壊すのはぜったいにダメです。

じつは恥ずかしながら、ぼくは上司とのかんけいがわるくて、職場にいくと涙がとまらない時期がありました。

このとき、心療内科にいって診察をうけたら「適応障害」という病気のなまえを教えられました。

だから、もしあなたが職場の上司とのかんけいが悪くて、がまんしている自覚があるならば、転職をかんがえてみることをオススメします。

「ところ変われば品変わる」

ということばにもあるように、人間関係は、かんきょうがかわればガラッとかわります。

 

だから、けっして我慢しすぎずに、じぶんをたいせつにしてあげてください。

もしかすると、あなたは「転職=逃げ」みたいな考えをもっているかもしれませんが、けっしてそんなことはありません。

なぜなら大企業のトヨタですら、これからは終身雇用をほしょうできないと言っているからです。

つまり、いまは「正社員なら安心」という時代はおわったということ。

なので、ぼくたちは、じぶんの身はじぶんで守っていく必要がある。

 

だから、むりしてストレスをためこんで、いまの職場でがんばりつづけてもムダです。

だって、むりしてがんばったところで、いまの職場はあなたを定年までまもってくれるとは限らないから。

だから「転職=逃げ」なんてことはない。

むしろ、「転職=前向きなアクション」だと言える。

なぜなら、転職は、じぶんの環境をじぶんから変えていこうとする勇気あるアクションだから。

グチを言いながら、もんくのある職場ではたらき続けるよりも100倍マシです。

 

 

さあ、というわけで、いかがだったでしょうか。

「こんかいは年下なのに上から目線のヤツのたおしかた」

という内容で書かせてもらいました。

 

この記事が、あなたの職場にたいするストレスを少しでもやわらげることができたのなら嬉しいです。

それではまた次回の内容でおあいしましょう。

【逃げた】上司と合わないので適応障害になってしまったボクの末路職場の上司と合わないからか、さいきんは体調がわるい。 夜もねむれないし、日中からボーッとしてしまう。 しごとのことを考えると涙が出てきてしまう。 これは、ぼくがじっさいに経験したことです。...

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

手厚いサポートが売り!第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo
初回の面談を最大2時間もしてくれる充実のサポートが売り。

1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができる。

スタッフが訪問済みの企業のみのを紹介しているので職場の人間関係も事前に把握できる。

不採用だった場合は、不採用の原因がわかるからすぐに改善ができるシステムが好評。

おすすめ度
名前【第二新卒エージェントneo】
ポイントスタッフが訪問済みの企業のみのを紹介している
対応エリア全国
ともやからコメント1人あたり平均10時間の手厚いサポートをしてくれるので安心して就職活動ができます。

詳細ページ公式ページ

両学長オススメの転職エージェント!
就職支援のJAIC(ジェイック)

ジェイックは全国18000社ある就職支援会社のうち、わずか42社しか認定されていない職業紹介優良事業者です。

またYouTubeチャンネル登録者100万人超えのインフルエンサー『両学長』もオススメしており、人気急上昇の優良転職サイトです。

※ぼくはジェイックで就職を決めました^^

おすすめ度
名前JAIC(ジェイック)
ポイント全て正社員求人。書類選考無し。
対応エリア■定期開催エリア
東京(新宿・池袋・神保町)、横浜、大阪、名古屋、福岡、仙台、広島■不定期開催エリア
神戸、京都、北九州、札幌、岡山、千葉、静岡
ともやからコメント※ブラック企業が多いと言われている、外食業界、先物取引、投資用不動産、アミューズメント業界は紹介していません。

詳細ページ公式ページ

最短1週間のスピード入社ができる!

DYM就職では、第二新卒・既卒はもちろんフリーターやニートの方向けの正社員求人を多数紹介しています。

経歴や学歴に不安があっても正社員に転職・就職ができて、最短1週間でのスピード入社も可能です。

スタッフがあなたとの個別相談で希望にマッチした求人を紹介してくれます。

おすすめ度
名前DYM就職
ポイント最短1週間でのスピード入社も可能です。
対応エリア全国
ともやからコメント経歴や学歴に不安があっても正社員になれるのはDYM転職ならでは

詳細ページ公式ページ

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。

※「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

ですので「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です