転職ノウハウ

【コスパ最強】未経験の高卒が東京で正社員として転職する方法

 

 

ともこ
ともこ
転職をしたいんだけど、何の資格も持っていない、未経験高卒のわたしが正社員として東京で働くことはできるのかな…?

なるべく早めに次の仕事を決めないと、生活が苦しくなってしまう。

どうしよう。あせってきた…。

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

どうも、トモヤです!

この記事を運営しているわたしは、北海道の人口2万人の田舎町の出身です。

そんな田舎町から、東京に引っ越してきました。

引っ越した理由は、転職のためです。

なので、私は転職して東京で正社員として働くための方法を、たくさん調査してきた実績があります。

そこで、今回は、私がじっさいに調査して、東京で正社員として働く方法で、いちばんコスパが良い転職の方法を、あなたにお伝えしたいと思って記事をまとめています。

 

この記事を読むことで、

未経験の高卒が、東京で正社員として転職するコスパ最強の方法を知ることができます。

【コスパ最強】未経験の高卒が東京で正社員として転職する方法はコチラ

まず先に結論からお伝えしていきますね。

高卒が東京で正社員として転職するコスパ最強の方法は、「ヤンキーインターン」を活用することです。

私がオススメしてる、ヤンキーインターンっていうのは、17歳から〜24歳の若者向けの上京支援サービスです。

 

ヤンキーインターンの、くわしいサービス内容については下記の7つです。

・住む場所がタダ

・食費がタダ

・海外研修を受けられる

・マネジメント、マーケティングの研修を受けられる

・パソコンでも勉強できる(eラーニング)

・プログラミングやデータ活用などの技術を学べる

・ビジネスやセールスを学べる

 

以上7つが、私がオススメしている、上京支援サービス、ヤンキーインターンの内容です。

(個人的には、いま流行のプログラミングを学べるのは素晴らしいと思います。)

未経験の高卒が東京で正社員?怪しすぎます。

 

未経験の高卒が東京で正社員?

そんなの怪しすぎる…。

と、思いますよね。

ぶっちゃけてしまうと、わたしも初めにこのサービス内容を聞いた時は、怪しいと思いました。

 

なので、まずはこのサービスを提供している会社について調べました。

 

サービスを提供している会社について調べた結果、下記の2つのことが判明しました。

・テレビ東京「ガイアの夜明け」で紹介されている

参照:https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/business/entry/2020/022600.html

・親会社がDMMグループ

参照:https://logmi.jp/business/articles/322389

 

以上2つのことが判明しました。

 

ここからの内容では、この2つの中で、

・親会社がDMMグループ

という点をもう少しだけ掘り下げて解説していきますね。

 

・親会社がDMMグループ

 

DMMグループといえば

・DMM英会話とかで有名な会社なので、知っている人が多いかと思います。

従業員は約3700名で、売上高は2211億円の大きな企業です。(2019年2月時点)

もちろん、DMMグループが親会社だからといって

「ヤンキーインターンは最高です。」

「みんなヤンキーインターンを使いましょう」

と、無責任なことを言うつもりはありません。

転職は大きな決断ですからね。

とはいえ、DMMグループが親会社ということは、1つの安心材料となるのは間違いないです。

卒業後はかならず就職しないとダメなの?

ヤンキーインターンは卒業後かならず就職しなくても大丈夫です。

なので、人生経験とか、将来の起業に向けた勉強としても利用することが可能です。

未経験の高卒ですが、なにを勉強できるの?

ヤンキーインターンのコースは下記の2つに別れています。

・プログラミングやデータ活用などの技術を学ぶ『yankee.hacker』

・ビジネスやセールスを学ぶ『yankee.business』

この2つに別れており、参加時に自由にコースを選択することが可能です。

ヤンキーインターンは費用0円で怪しい?卒業生のその後の進路は? 今回はそんなお悩みや疑問にお答えしていきます。 この記事を読む終える頃には、 ・ヤンキーインターンに闇は...

はじめての東京で不安です。どんな人がいるの?

ヤンキーインターンの受講生にどんな人がいるのかについては

受講生のストーリーを参考にさせてもらいました。

このなかでも、私がとくに印象に残った受講生のストーリーは、北海道の札幌の夜の街すすきので働いていた女性のストーリーです。

なぜ、このストーリーが印象に残ったのかというと、わたしも北海道の札幌から、東京に上京したからです。

まあ、これに関しては、出身地がおなじだから。という仲間意識が働いてしまっています…(^_^;)

そのほかの受講生のストーリーもとても印象的で、あなたと同じような悩みを持っていた人も居るハズです。

なので、ヤンキーインターンに少しでも興味があるのであれば、他の受講生のストーリーはいちど軽く目を通しておくことをオススメします。

その他の受講生のストーリー

やっぱり地元に帰りたいと思ったらどうする?

もし仮に、あなたがヤンキーインターンに申し込んで、参加することになったとします。

でも、やっぱり地元に帰りたいと思うかもしれません。

そんなときも大丈夫です。

 

こちらの画像をごらんください。

 

画像出典:ヤンキーインターンよくある質問より

もし仮に、東京で失敗したとしたら…。

もし仮に、ヤンキーインターンに応募して、参加して失敗したとします。

その場合って、どんなダメージを受けますか?

考えてみたらわかるのですが、それほど大ダメージって受けないんですよね。

 

だって、ヤンキーインターンを使えば、東京に来るためのお金もかからない。

しかも、食費と住む場所までタダで面倒を見てくれます。

なので、受けるダメージは限りなくゼロと考えられます。

 

もちろん、転職や引っ越しは、大きな決断です。

なので、わたしは、あなたに対して、無責任に転職と引っ越しをオススメするつもりはありません。

あくまでも、ご自身でリスクとリターンを比較して、ヤンキーインターンを利用するのかを考えてみてくださいね。

ご自身のほんとうの気持ちをゆっくり考えて、次の行動をしてもらえればと思います。

 

応援しています\(^o^)/

 

それでは、今回の内容はこれで終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です