買ってよかったもの

【家がうるさい人へ】厳選イヤホン2選【勉強できないとは言わせない】

 

 

 

 

ともこ
ともこ
家だと、うるさくて勉強ができない。

ブログを書きたいのに集中できないし、

プログラミング学習にも集中できない。

今までなら職場に行けば勝手に仕事ができたけど、家だとなかなか自分のペースがつかめない。

仕事が全然終わらない。

勉強も全然進まない、

リモートワークなんてもうイヤ!!

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや
この記事を書いている私は、うるさい場所で勉強することに関してはプロレベルです。

具体的には、

・家でブログを600記事かく

・4カ月のあいだ、家で引きこもってプログラミング学習

などなど

家での作業や・勉強をたくさんしてきました。

それに、とても貧乏だったので、カベの薄い住宅に住んでいました。

なので、となりの人の物音がガンガン聞こえてくる部屋にも住んでいました。

それに、となり人のイビキがうるさくて1分も寝れなかった経験もあります。

なので、うるさい環境で生きてきた経歴を持っている私なら、

お家で、仕事や勉強に集中できない人の、お悩みを解決できると思いました。

こんな強いポリシーをもって、今回の記事を書いています。

 

この記事を読むことで、

 

・家がうるさくても勉強にスッと集中できるようになります。

・家がうるさくてもブログをすらすら書けるようになります。

・家がうるさくてもプログラミング学習がサクサク進むようになります。

 

ぜひ、この記事を参考にして、あなたの学習効率や、仕事の効率を爆上げしてください。

あなたも今日から集中力マスターになりましょう。

音声バージョンはコチラ

【家がうるさい人へ】厳選イヤホン2選【勉強できないとは言わせない】

こんかい紹介するのは、2つです。

・アップル製品のAirPods Pro

・SONYのワイヤレスヘッドホンWH-1000XM3

この2つです。

 

この2つを紹介する理由は、ノイズキャンセリング機能がすばらしいからです。

ノイズキャンセリング機能とは、周りの雑音を聞こえにくくする機能です。

 

・ノイズキャンセリング機能が付いていないイヤホンと

・普通のイヤホン

この2つを比べてみると、その差はハッキリします。

 

・ノイズキャンセリング機能が付いてないイヤホン

・普通のイヤホン

この2つが、どれぐらい差があるのかというと、

初代のドラえもんと、今のドラえもんの声ぐらい差があります。

ノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンと普通のイヤホンだと、

初代のドラえもんと、今のドラえもんの声と同じくらいの差があるので、

1度ノイズキャンセリング機能が付いたイヤホンを装着してしまうと、

2度と普通のイヤホンには戻れません。

高いから買うのを迷っている人へ

今回紹介している

・Apple製品のAirPods Pro

・SONYのヘッドホン

どちらも3万円台です。

なので、よほどお金に余裕がある人でなければ痛い出費です。

 

もちろん、私もその中の1人です。

私も、お金に余裕があるわけではありません。

なので、AirPods ProSONYのヘッドホンを買うときは、とても迷いました。

どれぐらい迷ったのかというと、

ヒトカゲとフシギダネとゼニガメ

どのポケモンを最初のパートナーとして選ぶのか?

という選択とおなじくらい迷いました。

 

迷ったのですが、いちど買ってしまえば、2回も同じモノを買うわけじゃありません。

それに、もし仮につかってみて満足できなければ、すぐに返品すればいいや。

と、思ったので、おもいきってポチりました。

まあ、安い買い物ではないので、ポチるときは、緊張しました。

Amazonの購入ボタンを押すことを、何回も迷いました。

 

別に今のイヤホンのままでよくない?

まあ、ぶっちゃけ、いま使ってるイヤホンやヘッドホンでも

音楽を聴くことができる

YouTube動画も見れる

だから、いまのイヤホンやヘッドホンでも、それなりに満足だと思うんです。

 

でも、ほんとに今のアナタの集中力は100点ですか?

周りの音がうるさくて、全然おしごとや作業に、集中できないなら、それだけで、かなり人生の時間を損してます。

人間の集中力は、いちど切れると、元に戻るのに最低でも15分かかります。

つまり、集中力が切れるたびに、人生の時間を15分ムダにしていることになります。

たかが15分ぐらい、集中力が切れても大丈夫。

と、思うのであれば、こんかい紹介している2つの製品は必要ないです。

 

でも、この記事を読んでくれるほど努力家なアナタなら、

たった15分の時間でも大切にしたい、と感じているはずです。

 

15分もあれば

・YouTube動画を2〜3本みることができます

・ブログであれば500文字ぐらい書けます。

これぐらいの作業ができます。

 

お金は稼げば、取りもどせます。

でも、人生の時間は取りもどせません。

なので『時間を買う』という意味でも、

AirPods Pro

SONYのヘッドホン

このどちらかは、絶対に買って損しないです。

 

収入が上がる

 

冗談ぬきで、AirPods ProとSONYのワイヤレスヘッドホンを買ってから、年収が上がりました。

年収が上がった理由は、1つです。

・移動の時間でも、集中して音声学習をすることができるからです。

じつは音声学習は、とても学習の効率が高いんです。

歩きながら音声学習(デュアルタスク)をすると脳に定着しやすい。

このことは、脳科学的に有名です。

 

私たちは生きていれば、かならず、移動する時間がありますよね。

だから、ふつうに考えて、移動の時間を、勉強する時間に変えれば、頭が良くなるハズですよね。

私は、けっしてアタマの良い人間ではありません。

ですが、移動の時間を、勉強の時間に変えることで、年収を上げることができました。

小さな工夫ですが、まいにち積み重ねていけば、大きな結果を生み出します。

まあ、ぶっちゃけ普通のイヤホンでも勉強できる

べつに普通のイヤホンでも、移動の時間で勉強できるじゃん。

と、思われるかもしれません。

ですが、普通のイヤホンやヘッドホンだとダメです。

なぜなら、普通のイヤホンやヘッドホンだと、まわりの雑音が耳にはいってきます。

そして、その雑音がアタマの中で、ぐるぐると回って、無意識のうちに集中力がうばわれます。

 

まあ、正直にぶっちゃけてしまうと

私も、AirPods ProとSONYのヘッドホンを買うまえは、

・こんな高いもの買わなくてよくない??

・普通にiPhone買った時に付いてきたイヤホンで充分なんですけど

って、思ってました。

でも、買ってからは、手放せなくなりました。

サトシのピカチュウばりに手放せなくなりました。

 

いまは、移動時間には、かならずAirPods Proを装着してます。

もはや整形して、耳にAirPodsProを埋めこみたいと思ってます。

 

高すぎて2つとも買うのはムリ、どっちがオススメ?

 

AirPods Proの方がオススメです。

理由は、AirPods Proは夏の暑い時期にも使いやすいからです。

でも、SONYのヘッドホンの方がノイズキャンセリング機能がつよいです。

 

そして、SONYのヘッドホンはノイズキャンセリング機能がつよい反面、あつい時期だと耳のまわりに汗をかきます。

なので、季節を気にせずに使えるAirPods Proの方がオススメです。

 

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にこの記事のまとめをしていきます。

この記事のまとめ

私がお勧めするイヤホンは2つ。

・Apple製品のAirPods Pro

・SONYのワイヤレスヘッドホンです。

 

この2つのイヤホンをオススメする理由

ノイズキャンセリング機能がすばらしいから。

 

2つのうち、どちらがオススメ?

アップルのAirPods Pro

理由は、季節を気にせずに使えるから。

SONYのヘッドホンは夏のあつい時期だと耳のまわりに汗をかく。

 

というお話をしました。

 

以上が今回の内容のまとめです。

 

PS 環境をととのえるコトはホントに大切です。

環境をととのえるコトはホントに大切です。

なぜなら、人間の1日、24時間は、お金持ちも、貧乏人もみんな平等に与えられています。

なので、いかに与えられた時間をうまく使うかが、人生の勝敗を分けます。

 

たとえば、おなじ1時間でも

・集中できない環境で勉強を続ける人

・集中できる環境で勉強を続けた人

この2人には大きな差が生まれます。

 

パッと見ると、たったの1時間です。

でも、365日、1年間でかんがえると、365時間の差が、2人には生まれます。

1日単位では、小さな差かもしれません。

でも、長期的にかんがえると、小さな差が大きな差になります。

なので、ここまで読んでくれたアナタには、積極的に環境へ投資してほしいです。

環境へ投資すれば、イヤホンの3万円なんて、すぐに取り返せます。

 

それでは、今回の内容はこれで終わります。

こんかいの内容が、あなたの『集中力マスター』への、はじめの1歩となればうれしいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう٩( ‘ω’ )و

 

 

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です