プログラミング

【プログラミング初心者向け】時間をムダにしないためのロードマップ

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約615

 

ともこ
ともこ
流行に乗ってプログラミング学習を始めてみたけど、

同じことを繰り返してばかりで時間を無駄にしている感じがする。

このまま学習を続けていても成長している感じがしない。

具体的な学習の手順もよくわからない。

いったい、どんな手順で学習を進めていけばいいんだろう。

 

今回は、このようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや
この記事を書いている私は、2020年の4月からDMM WEBCAMPというプログラミングスクールに通っていました。

そして、DMM WEBCAMPを7月末で卒業しました。

プログラミングスクールを卒業しているので、ある程度プログラミングの学習手順についての知識があります。

ですので、プログラミング学習の流れについて悩んでいる初学者へのアドバイスができればと思たので記事を書いています。

この記事を読むことで、

・プログラミング学習にはどれくらいの時間がかかるのか?

どんな手順で学習を進めていけばいいのか。

エンジニア転職をするにはどうすればいいのか、

フリーランスとして活動するにはどうすればいいのか

これらの内容が理解できるかと思います。

気になる部分だけ飛ばし読みしても大丈夫です。

 

音声版はコチラ

 

プログラミング学習にはどれくらいの時間がかかるのか?

プログラミングの基本の習得には200~250時間かかるといわれています。

DMM WEBCAMPで聞きました)

 

200〜250時間かかるということは、毎日1時間の勉強をすると仮定すると、1ヶ月で換算して、約8ヶ月の期間が必要になります。

もちろん、1日に1時間以上の学習ができる人であれば、もう少し期間は短くできます。

私の場合は仕事を辞めてスクールに通っていたので4ヶ月の学習期間でした。

プログラミング学習はどんな手順で学習を進めていけばいいのか

プログラミング学習を進めていく手順は大きく以下の2つの流れです。

まずは何か作るものを決めます。

作る物に必要な言語を学習します。

この2つの内容について、もう少し掘り下げていきますね。

まずは何か作るものを決めます。

まず何か作るものを決めましょう、と言われても、初心者のうちは何を作りたいのかすらわかりませんよね。

そんな時はTechpit(テックビット)というサービスがお勧めです。(紹介料は一切もらってません)

テックピットとは

プログラミングを使って、実際に作品をつくるサイトです。

テックピット

いま紹介した、テックピットの他だと、書店には

『簡単に作る〇〇!!』

みたいな感じで、実際に何かを作りながら、プログラミングを学ぶタイプの本もあります。

なので、本やサイトで、実際につくってみたいものを決めてくださいね。

作りたいものを決めずにプログラミング学習を始めてしまうと、どこまで学習すればいいのか、ゴールを決められません。

なので、かならず先に作るものを決めるようにしましょう。

作りたい物に使うプログラミング言語を学習します。

まず最初に作りたいものを決めたら、あとは作りたいものに必要なプログラミング言語を調べて学習を進めていくだけです。

学習にオススメのサイトは

この3つの学習サイトは高品質の教材が集まっているので、オススメです。

エンジニア転職をするにはどうすればいいのか

エンジニアとして転職するには、下記の2つのステップが必要です。

・ポートフォリオ(自分の作品)を作る。

・ポートフォリオを使って転職活動をする

この2つの流れについて掘り下げていきますね。

ポートフォリオ(自分の作品)を作る。

ポートフォリオは、履歴書みたいなものです。

あなた自身が、どのようなプログラミングスキルを持っていて、

どのような作品を作ることができるのか?を証明するものです。

エンジニア転職をするときは、99%の人がポートフォリオを作成して転職活動しています。

ポートフォリオを使って転職活動をする

ポートフォリオを作ったら、実際に転職活動していきます。

エンジニア転職をするときに、使うサイトはWatedllyGreenが有名です。

フリーランスとして活動するにはどうすればいいのか

フリーランスとして活動するためには、2つの能力が必要です。

・実際にどのような案件があるのかを理解する。

・仕事を獲得するスキルや実績

の2つについても少しだけ掘り下げていきますね。

実際にどのような案件があるのかを理解する。

フリーランスとして働くのであれば、実際にフリーランスにはどのような案件があるのかを理解しておく必要があります。

実際の案件を理解するためには、

クラウドワークス
ランサーズ

で案件を検索してみましょう。

そして、検索してヒットした案件を見て、実際に自分ができそうな案件かどうかを考えてみましょう。

仕事を獲得するスキルや実績

クラウドワークスやランサーズを見て自分にできそうな案件を見つけても、仕事を獲得できなければお金をもらえません。

仕事を獲得するためには、あなた自身のスキル実績を、仕事を発注する人にアピールしなくてはいけません。

ですが、最初のうちは実績スキルが少ないので、なかなか仕事をもらうことができません。

そのため未経験からフリーランスになるのは難しいと言われています。

もちろん、未経験からのフリーランスは不可能ではないのですが、難易度は高いです。

ぶっちゃけやること多くて心折れそうですよね

プログラミング学習ってやることが多くて、ぶっちゃけ心が折れそうですよね。

実際に、私は1人だとプログラミングの学習手順をクリアできませんでした。

なので、私の場合はプログラミングスクールに通いました。

 

プログラミングスクールは、例えるなら、ライザップみたいなものですよね。

ダイエットは、カロリー制限と運動をすれば痩せるワケですが、

カロリー制限と運動を、自分の意思できない人が、わざわざ、お金を払ってライザップに通いますよね。

これと同じで、私も、自分の意思ではプログラミング学習の手順を全部クリアできませんでした。

なので、プログラミングスクールを受講して、プログラミングを習得しました。

 

とはいえ、プログラミングスクールは決して安い買い物ではありません。

プログラミングスクールは無料のものを除くと、

安いスクールで数万円

高いスクールだと数十万円

しますからね。

 

ですが、私は独学だとムダな時間を過ごして、しかも、プログラミング習得できずに挫折すると思いました。

ムダな時間を過ごして挫折するくらいであれば、プログラミングスクールに支払うお金は、安いと思いました。

そう思ったので、私はプログラミングスクールを受講しました。

 

なので、プログラミングの学習手順を、自分の意思だと全部クリアできる自信がない人は、プログラミングスクールに通うことを考えてみても良いかもしれません。

いちおう、私の受講していたプログラミングスクールのDMM WEBCAMPについて紹介した記事も下記に用意しておきます。

よかったら参考にしてみてください。

【元受講生が違いを比較】DMM WEBCAMPのオススメコースは? この記事を書いている私は、2020年の5月にDMM WEBCAMP短期集中講座を受講していま...

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

最後にこの記事のまとめをしていきます。

この記事のまとめ

プログラミングの習得には200から250時間かかる

1日1時間勉強するとしたら大体8ヶ月かかる

 

プログラミング学習はどんな手順で学習を進めていけば良いのか

・まずは何か作りたいものを決める。

・作りたいものに必要なプログラミング言語を学習する

 

エンジニア転職をするにはどうすればいいのか

・ポートフォリオを作る

・ポートフォリオを使って転職活動する(WantedllyやGreenなどのサイトを使う)

 

フリーランスとして活動するにはどうすればいいのか

・実際にどのような案件があるのか理解する。

・仕事を獲得するためのスキルや実績を作って、アピールする。

 

やることが多すぎで心が折れそうならスクールの受講を検討する

以上が、今回の内容のまとめとなります。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう( ^ω^ )

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です