上京ノウハウ

【迷っている人へ】上京してよかった事と辛い事を教えます。

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約640

どうも友哉です、ありがたいことにブログの読者さんも徐々に増えていき質問をいただくことも増えてきました。

いただく質問で多いのが、東京に上京することに関する質問です。

ともこ
ともこ
やっぱり東京に上京するのってなかなか難しい判断ですもんね。
ともや
ともや
そこで今日は、上京することを迷っている人へ、私が上京して良かった事と、辛かったことを記事にしていきたいと思います。
この記事は

東京に行きたいけどなかなか勇気が出ない

東京に上京する上で気をつけるべきこと

東京に上京する前にやっておくべきこと

東京に上京する前に確認しておくべきこと

私が実際に東京に来て後悔したこと

私が実際に東京に来てみて良かったこと

以上の構成でお送りしていきます。

実際に、東京で暮らしている人の意見や、東京で痛い目を見た人の話を知りたいor聞いてみたいと思う方はぜひ最後まで読んでみてください。

この記事を読み終える頃には、あなたは東京に上京することに対して冷静な視点で考えることができ、上京に失敗する可能性をぐっと減らすことができるでしょう。

東京に行きたいけどなかなか勇気が出ない

東京に行きたいけれどなかなか勇気が出ない人は、何が不安なのか一旦紙に書き出しましょう。

人間が不安を感じるのは、不安の正体がわからないからです。

不安の正体さえ突き止めてしまえば、あとはどうすれば、その不安を解消できるのかと言う具体的なアクションを起こすだけです。

私の場合は北海道から東京に行く前は以下のような不安を持っていました。

コロナウィルスが拡大したらどうしよう

仕事が見つからずに貯金を食いつぶしたらどうしよう

新しい家の住人に襲われたらどうしよう

コロナウィルスが拡大したらどうしよう

コロナウィルスが拡大してもし仕事が見つからなかったらどうしようと思ったのですが、クラウドワークスやランサーズ等のサイトでWEBライティングの仕事を見つけたので、何とか最低限の生活は営めることを確信しました。

自分の最低限の生活はいくら稼げば確保できるのか?と言うことを明らかにしておけば、お金に対する不安は消えます。

(私の場合は月15万円あれば最低限の生活はできます。)

WEBライティングのお仕事と、ブログの広告収入で何とかやってます。

仕事が見つからずに貯金を食いつぶしたらどうしよう

貯金を食いつぶす前に、Uber Eatsなどで最低限の収入の担保は見込めたので、この不安も解消しました。

Uber Eatsは1時間あたり大体1000円稼げるので、本業が決まるまでUber Eatsで食いつなぐと言う選択肢も悪くないと思います。

実際に私は、ジモティーで安く自転車を譲っていただき、その自転車でUber Eatsの配達員として最低限の生活費を稼いでいました。

新しい家の住人に襲われたらどうしよう

これは考えすぎですが、東京は物騒なニュースが多いので、一応このような心配もしておきました。東京に暮らして半年が経ちますが、今のところ襲われる心配はありません。

東京に上京する上で気をつけるべきこと

東京に上京する上で気をつけるべき事は、自分の貯金と支出額をきちんと把握しておくことだと思います。

私は毎月11万円前後を出費しています。

もし転職or進学するのであれば、仕事orアルバイトが見つかるまでの間は貯金を切り崩す生活をしなくてはならないことを意識しておかなければなりません。

 

【食費月3万円】25歳転職中男性の健康&筋肉食材を公開します! どうも友哉です!!今日もブログの読者さんからいただいた質問にお答えしていきます。今回いただいた質問は以下の質問になっております。...

車を所有しているのであれば売っておく

私は北海道に暮らしていた時は車を持っていたのですが、北海道から東京に来る前に売りました。

車を売った理由は、東京の駐車場は高いからです。

それに車を持っていたとしても、東京は交通機関が整っているので、わざわざ車を所有する必要はありません。

生活に余裕があるのであれば車を所有してもいいと思います。私の場合は、生活に余裕がないので、車を所有する事は諦めました。

車は持っているだけでも、自動車税やガソリン代、車検、駐車場代を含めると、維持費がかなりかかってくるので、生活に余裕がない方は早めに手放して生活防衛資金を作っておくと良いでしょう。

私の乗っていた車はスズキのハスラーという車です。

 

東京に上京する前にやっておくべきこと

東京に上京する前に、身の回りの不用品はメルカリなどで処分しておいた方が良いでしょう。

いざ上京するとなかなか地元には帰れないので、上京する前に不用品を処分して少しでも生活に使えるお金を作っておきましょう。

私は、いらないスニーカーや洋服を売って、何とか50,000円ほどお金を作ったので、1ヵ月分の家賃は工面できました。

 

上京で失敗&後悔したこと、貯金も体重も痩せた話【北海道→東京】 どうも友哉です。こんにちは。 今日も読者の方からいただいた質問に答える形で記事を執筆していきます。今回いただいた質問は以下...

東京に上京する前に確認しておくべきこと

東京に上京する前に確認しておくべき事は

住民票の転出届は届け出をしたか??

郵便物の転送届を提出したか??

大きく分けてこの2点だと思います。

 

郵便物の転送届けに関しては、スマートフォンからでも手続きが可能なので、「転送届け 手続き」と検索していただければ日本郵便のホームページがあるので、そこから手続きをしていただければと思います。

郵便物を転送しておかなければ、思わぬところで各種支払いを忘れてしまう原因になり、督促状が発行されてしまうこともあるので、忘れずに手続きをしておきましょう。

 

その他にも、運転免許証を持ってる人は引っ越した後に、最寄りの警察署に行って運転免許証の住所変更をしておかなければ、免許の更新手続きを忘れてしまう原因にもなりかねないので、引っ越し後速やかに最寄りの警察署に行くようにしましょう。

運転免許証を再取得するには費用がかかってしまうので、住所の変更手続きは忘れないようにしましょう。

警察署に行って、『免許証の住所変更をしたいのですが。』と窓口に伝えれば丁寧に対応していただけます。

 

私が実際に東京に来て後悔したこと

私が実際に東京に来て後悔した事は、住む場所を間違えたことです。

私は現在世田谷に住んでいます。世田谷は東京の都心からもアクセスが良いので、世田谷に住むことを決めました。

ですが、現在はコロナウィルスの影響ほとんど外に出ることがないので、都心からアクセスが良いと言うメリットをほとんど活かせていません。

なので、わざわざ東京の都心から近い世田谷と言う場所を選ばなくても良かったと思ってます。

もし、もう一度やり直せるのであれば、都心から外れた場所を選んで家賃を下げます。

都心から外れた場所であれば、東京であっても30,000円から40,000円程度でワンルームを借りれるかと思うので、ぜひ東京の都心から外れた場所で生活することをお勧めします。

私はシェアハウスで、家賃55,000円です。

東京で一人暮らしにかかる費用を節約するにはシェアハウス一択どうも友哉です。 私は北海道から東京に上京したのですが、よく周りの人に一人暮らし東京でするの大変じゃない?と聞かれるので今日はその...

私が実際に東京に来てみて良かったこと

東京に来て良かったなと思う事は、欲しいものがあったらすぐに手に入ることです。

私が北海道に暮らしていた時は、アマゾンで注文後に届くのが三日後でした。ですが東京では翌日に商品が届きます。東京に暮らしている人にとっては当たり前かもしれませんが、北海道出身の私からすると本当に感動しました。

人目が気にならない

田舎に暮らしている人なら分かると思うのですが、田舎は人間の噂話が大好きです。

ですが、東京は噂話がなくて、のびのびと生活できます。

他人は他人で、誰が何しようと自分には関係ない。という感じです。

裏を返せば、人と人とのつながりが薄いと言う考え方もできます。人によっては、東京の人は冷たいと思われるかもしれません。

東京の人は冷たいと思われるかもしれませんが、東京の人が冷たいのではなくて、東京と言う地域の性質上人と人とのつながりが薄くなると言うのは仕方がないことだと思います。

なぜなら、東京では人の助けを借りなくても、ググれば何とか生活できてしまうからです。

一方の田舎では、人と物の貸し借りをしたり、助け合わなければ生きていけないと言う性質がいまだに残っています。(私の暮らしているところが田舎過ぎるだけかもしれません。笑)

田舎の方が、人のぬくもりを感じれるから、田舎の方が好きと言う人もいるかもしれません。ですが私は、都会の”他人は他人”という暮らし方の方がフィットしているので、とても気にいっています。

仕事の求人数が多い

まぁこれは当たり前かもしれませんが、転職活動をしていて感じたのが、東京の求人数は多いですね。年収の相場も北海道と比べると高いですね。

人の収入は住む場所によって左右される。という言葉はまさにその通りだと思いました。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございます。

東京に上京することに対する不安は解消されましたでしょうか??

もしまだ不安なことがあるのであれば、どんな些細な事でも構いませんのでご質問いただければお答えしますので、お気軽にご質問ください。

下記のコメント欄や、ホームページのお問い合わせフォームからでもご質問は受け付けておりますので、遠慮なく連絡をいただければと思います。

それでは今回の内容は以上で終わります。

 

また次回の内容でお会いしましょう。

今回の内容が参考になったと思われた方は下記のSNSボタンからシェアしていただけるととてもうれしいです。

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です