転職ノウハウ

【劣等感のあるFラン卒のフリーター必見】這い上がる方法まとめ

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約72
ともえ
ともえ
私はFラン大学を出たフリーターなんですが、劣等感があります。なんとか今の状況を変えたいけど、どうしたらいいのか全くわからない…。

這い上がって劣等感を払拭したいけれど、私なんかが頑張っても無駄なんじゃないかな…。

今回はこのようなお悩みにお答えします。

 

ともや
ともや

私は人口20,000人の田舎町出身で、小中高と田舎の学校に通っていました。お世辞にも頭の良い学校とは言えませんが、大学に進学し卒業後は半年間フリーターをしましたが、公務員試験も合格しました。

その後プログラミングスクールに通って、簡単なプログラミングをできるようになりました。今はプログラミングの知識を活用したり、こうしてインターネットを使って20万円ほどのお金を稼ぐことができています。

今回は、そんなフリーター経験のある私が考える、Fランから這い上がる方法をお伝えしいきたいと思います。

 

この記事の内容

Fラン卒のフリーターが劣等感を打ち消すには?

Fランから這い上がって周りを見返すにはどうすればいい?

この記事を読み終える頃にはFラン卒でフリーターという劣等感を払拭する方法と、Fランから這い上がって周りを見返す方法が理解できるはずです。

ぜひ最後まで読んで、劣等感を打ち消して、見下してくる周りの人間を見返してやりましょう。

Fラン卒のフリーターが劣等感を打ち消すには?

まずは有名大学じゃなくても活躍している人を知ろう

Fラン卒のフリーターが劣等感を打ち消すには、まずは有名大学卒業でなくても活躍している人を知ることから始めましょう。有名大学じゃなくても活躍している人を知ることで、自分にもできるんだと言うやる気の原動力になります。

では具体的にどのような人が有名大学卒業でなくても活躍しているのか見ていきましょう。

迫祐樹さん(立命館大学中退)

Twitterのフォロワー90,000人越え。エンジニア

有吉弘行さん(芸人)

広島県立熊野高等学校卒

たくさん居るので、ここでは簡単にお二人だけを紹介させていただきました。(このあとも数人登場します)

なぜ学歴がないと劣等感を抱くのか?

そもそも、なぜFラン大学卒を劣等感として抱いてしまうのでしょうか?

結論から言ってしまうと、学歴がなくても劣等感を抱く必要はないです。なぜなら、学歴というのは、あくまでも自分の価値を証明する手段だからです。

もちろん、大企業やコンサルティングファームに就職したいと考えているのであれば、学歴は必須であることが多いです。

しかし、今はYoutubeやTwitter、Instagram、TikTokをはじめとしたSNSでお金を稼ぐ中学生もいるくらいです。

つまり、有名大学を出ていなくてもお金は稼ぐことができます。

ただし、有名大学を出ていることがSNSでのファン獲得につながることや、努力できる人だと評価されるという点は事実なので、学歴はあるに越したことはありません。

とはいえ、学歴がないことに対してコンプレックスや劣等感を抱いている人は、なぜ自分が学歴に対して劣等感を抱いてしまっているのか?という点を掘り下げて考えてみてください。

掘り下げて考えてみると、学歴が低いことに対して、そこまで劣等感を抱く必要はないことがわかってくるかと思います。

なぜなら、よくよく考えてみると、自分は別に有名企業に就職したいわけではないし、単に生活費くらいのお金を稼げればいいや。と思っていたりするからです。

Fランから這い上がって周りを見返すにはどうすればいい?

勉強以外の分野で目立った存在になる

Fランから這い上がって周りを見返すには、ある1つの分野で目立った存在になることです。

どういうことかもう少し具体的にお話しますね。

例えば、学歴だと京都大学卒業者や東京大学卒業者にはかないません。

ですが筋トレが好きで、筋トレに関しては日本でもトップ100位に入るほど、知識がある人は筋トレの知識でお金を稼ぐことができます。

具体的な筋トレで稼いでいる人には

ぷろたんさん

Jinさん

RIJUさん

カネキンさん

メトロンブログさん

コアラ小嵐さん

サイヤマングレートさん

これらの方々がいらっしゃいます。(筋トレ系のyoutuberを知らない人はごめんなさい。)

このことからもお分かりいただけるとおり、たとえ勉強でトップクラスの成果を収められなかったとしても、別の分野で飛び抜けた存在になることができれば、お金はいくらでも稼げるんです。

有利な分野で戦う

1つの前の見出しでは、Fランから這い上がって周りを見返すには、ある1つの分野で目立った存在になること。と説明しましたが、選ぶ分野を間違えてしまうとせっかく頑張っても結果が出ないということにもなりかねません。

なので、戦う分野の選択を間違えないことが大切です。

例えば、人と話すのが苦手な人が営業職でどれだけ頑張っても、人と話すのが得意な人には、なかなか敵いません。もし勝てたとしても、多くの時間と労力を使うことになります。

なので、自分の性格と得意なことをしっかりと理解した上で、戦う分野を選ぶようにしましょう。

僕が這い上がった実際の例

この記事の最初の方でもお話しした通り、私は大学を卒業後半年間フリーターをしていました。

フリーターをしていた時は劣等感だらけでした。

ですが、公務員試験のためにコツコツと勉強をした結果、公務員試験に合格することができました。これで一旦、這い上がることができたと思ったのですが、仕事が合わずに2年ほどで退職しました。

公務員を退職後はリゾートバイトをしていました。リゾートバイトでは3ヶ月で60万円貯金することができたので、貯金した60万円を使って北海道から東京に引っ越しました。

北海道から東京に引っ越した理由は、プログラミングスクールに通うためです。

プログラミングスクールに通おうと思った理由は、エンジニアが人手不足で、スキルを身につけてしまえば、職に困らないと聞いたからです。

プログラミングスクールに通って卒業してからは、エンジニアとして就職はせずにWEBライターとして生計を立てるようになりました。

WEBライターとして生計を立てることについては、当初は全く予想していませんでした。

ですが、プログラミングスクールに通っていることをコツコツとSNSで発信しているうちに、ブログから収益が発生するようになりました。

この例から私が、この記事を読んでくれているあなたに伝えたいのは、なんでもいいので、今の現状を変えるための行動を起こしてみてください。ということです。

 

行動を起こすとはどういうことか、もっと詳しく説明すると、自分の現状を変えるために行動をすると、色々な出来事が起こります。

その色々な出来事をブログやYoutube、Twitter、インスタで発信することをコツコツと続けてみてください。

コツコツと発信していると、必ず誰かがフォローしてくれたり、拡散してくれる時が来ます。

ここまでの話を聞いて、もしかしたら、自分の情報発信なんて誰にも見られないだろうし、役に立たないだろうなと思ったかもしれません。

ですが実際はそんなことないんです。

例えば私の場合だと、高額のプログラミングスクールに通った話は、プログラミングスクールに通ったことのない人や、これからプログラミングスクール通おうとしている人にとっては貴重な体験談となります。

このように、自分の経験は他の誰かにとって、とても興味のある話だったりするんです。

なので、ぜひこの瞬間から新しい挑戦を始めてみてくださいね。そして、その記録だったり、体験談をSNSで積極的に発信してみてくださいね。

もしかすると、そんな簡単に新しいことに挑戦なんてできっこない。と思われるかもしれませんが、どんな些細なことでも構いません。私の場合は朝ウォーキングをしたことを発信したりしてますからねm(._.)m笑

こんな感じで方の力を抜いて、コツコツと情報を積み上げていけば、きっと報われる日が来ます。(こんな投稿でも19人の方が”いいね”してくれてますm(._.)m)

さすがに芸能人のように何万人ものファンがつく事は無いかもしれませんが、数百人のファンがつくだけでも、多少の生活費くらいは稼げるようになります。

ぜひこの機会にいろいろな挑戦をして、劣等感やコンプレックスを武器に変えていきましょう!

まとめ

それでは最後におさらいしていきましょう。

 

この記事のまとめ

・高学歴は大企業や有名企業に入るためには必須

・高学歴があると努力できる人だと思われるので色々有利に働きやすい

・Fランでも勉強以外の面で飛び抜ければ劣等感は消せる

・飛び抜けるにしても戦う分野を間違えないこと

・些細な経験を発信することが思わぬ成果につながることがあるので、積極的にSNSを活用する

・自分の経験は誰かにとって、貴重な経験だったりするので、『自分なんか…』とか考えない

・お金を稼ぐのに学歴は関係ない、学歴以外の場所で戦おう

・挫折経験や情けない経験も発信することでお金に変えていこう

 

以上が今回のまとめとなります。

ともや
ともや
今回の記事の中で出てきた、リゾートバイトの事やプログラミングスクールの事についても別の記事でまとめています。

下記にリンクを掲載しておきましたので、よかったらそちらもご覧くださいね。

 

地方在住フリーターが上京し賃貸を見つける方法!正社員になれる? 地方在住フリーターが上京するには? 私のよ...

https://www.kaerudakero.blog/money

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です