転職ノウハウ

【20代で無職の人へ】都会に移住して仕事を見つける方法【無料】

ともこ
ともこ

私は今20代で無職です。

無職をなんとか抜け出したいんだけど、田舎だと仕事の選択肢も少ない。

だから都会に移住することも考えています。

でも、都会に移住するには、お金がかかるし、このまま田舎で生活するしかない…。

やっぱりこのまま田舎で仕事探しを続けるしかないのかな…。

 

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

ともや
ともや

この記事を書いている私は、人口2万人の田舎町の出身です。

ですので、田舎町で暮らす20代の若者の気持ちが痛いほどわかります。

それに私自身も田舎から東京に引っ越して生活をしています。

今回はこんな私から、田舎で暮らしていて、仕事の選択肢が少ないと思っているあなたに情報を届けたいという強い気持ちで記事を書いています。

 

この記事を読むことで、

無料で都会に移住して仕事を見つける方法を知ることができます。

【20代で無職の人へ】都会に移住して仕事を見つける方法【無料】

まず結論から話します。

20代で無職の人が都会に移住して仕事を見つける方法は、

「上京支援サービス」を利用することです。

上京支援サービスというのは、企業が若者に向けて無料で住居を提供してくれて、中には食事面もサポートしてくれるという内容のサービスです。

そして、いくつかある、上京支援サービスの中でも私がとくにオススメしているのは、「ヤンキーインターン」という上京支援サービスです。

なぜヤンキーインターンをオススメしているのかというと、ヤンキーインターンは「DMM.com」という大企業が傘下のサービスだからです。

「DMM.com」といえば「DMM. 英会話」などのサービスを提供しているので知っている方も多いかと思います。

じつは私自身も「DMM WEBCAMP」というプログラミングスクールで、プログラミングを勉強していました。

このように、じっさいに私自身が、DMM.comのサービスを受けていて、そのサービスに満足していたからこそ、ヤンキーインターンのサービスをおすすめしています。

都会に無料で移住して仕事を見つけられる理由

ここまでの内容では「ヤンキーインターン」のサービスを使えば、無料で移住できて、仕事を見つけられるという内容をお伝えしていきました。

ですが、ぶっちゃけ、怪しいですよね。笑

うまい話には裏があるとは良く言いますし、なんか、ヤバくて怪しい仕事に紹介されるんじゃないの?

って思う人もいると思います。

でも、大丈夫です。

ヤンキーインターンが無料でサービスを提供できる理由は、下記のとおりです。

ヤンキーインターンが無料の理由

・紹介先の企業から紹介料をもらっている

・ヤンキーインターン内の研修で運営費をまかなっている

ヤンキーインターンが無料でサービスを提供できる理由には、大きくこの2つの理由があります。

それでも無料で移住できるなんで怪しすぎる

 

ここまで読んでも、まだ怪しいという気持ちはあるかと思います。

でも、その気持は当然です。

だって、仕事は人生の大半の時間を使うことですし、移住することも大きな決断のエネルギーを使います。

だから、怪しいという気持ちを持つことは、ごく当然のことです。

むしろ、こんなうまい話にホイホイと飛びつくような考えだと、将来いつか痛い目に遭うことになります。

とはいえ、ヤンキーインターンに関しては、「テレビ東京のガイアの夜明け」の特集にも登場しています。

▼ヤンキーインターンの特集(テレビ東京のサイトへ飛びます)

https://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber4/preview_20201013.html

 

テレビ番組も、どこの企業がやってるかわからない、怪しいサービスを特集するわけにもいきませんよね。

なので、わざわざテレビ番組で特集されているヤンキーインターンに関しては、少しは怪しさが解消されたのではないでしょうか?

これでも、まだ怪しさや、不安感が残っているのであれば、じっさいにヤンキーインターンに問い合わせて、あなたの持っている疑問点や不安感をぶつけてみてください。

じつは、じっさいに私もヤンキーインターンさんとやり取りをさせてもらったことがあります。

ヤンキーインターンさんのやりとりは非常に丁寧で、返信も24時間以内に来ました。

なので、気になることや不安なことがあれば、そのままにせず、直接ヤンキーインターンに問い合わせてみることをオススメします。

あとがき 不安を完全に消す方法

ここまで読んでくれて本当にありがとうございます。

ここまで読んでくれたということは、本気で人生を変えたいと思ってくれているんだと思います。

でも、不安で仕方ないからこそ、ここまで読んでくれたのだと思います。

そんなあなたには、不安を完全に消す方法をお伝えしていきます。

不安を完全に消すには

「起こりうる最悪な状況を想定する」

ことです。

これはどういうことかというと、

もし仮に、あなたが「ヤンキーインターンで移住して失敗した」とします。

この場合に起こりうる最悪な状況はなんでしょうか?

考えてみると、そこまで大きなダメージは受けないのではないでしょうか?

なぜなら、移住にかかるコストも0円で、食費も0円です。

失ったとしても、時間くらいじゃないですかね?

なので、ぶっちゃけてしまうと、気になったのであれば、とりあえず申し込んでみて、あとのことは、そのときに考えるくらいの気軽さで良いと思います。

もちろん、移住や転職は大きな決断です。

だから、あなたに、大きな決断を無責任にさせるつもりはありません。

でも、あなたが今の生活に満足していなくて、何かを変えたいと思うのであれば、何らかの決断をする必要があると思います。

正直、わたしがこんなこと言うのもおかしな話ですが、

ヤンキーインターンというサービスを知っているだけで、あなたはラッキーだと思います。

この世界には、移住したくてもお金がなくて移住できない人はたくさんいます。

なので、この記事にたどりついたあなたは本当にラッキーです。

ぜひこのラッキーをつかんで、人生を良い方向に変えるキッカケにしてください。

私は頑張るあなたを心から応援しています。

東京に来た際はぜひ連絡をくださいね。

 

 

ヤンキーインターンは費用0円で怪しい?卒業生のその後の進路は? 今回はそんなお悩みや疑問にお答えしていきます。 この記事を読む終える頃には、 ・ヤンキーインターンに闇は...
ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です