上京物語

DMM WEBCAMPのオンライン講座に仕事を辞めて通った感想

 

どうも友哉です。

私は2020年の4月に仕事を辞めてDMM WEBCAMPと言うプログラミングスクールに通っていたのですが、結構友人からどうだったのか感想聞かれることが多かったので今回記事にまとめることにしました。

この記事を読むことでDMM WEBCAMPに通うか迷っている人にとって非常に有益な情報になるかと思います。

大まかな流れについては以下の3点について説明していきます。

オンラインってどうなの?

DMM WEBCAMPに通ってよかった?

DMM WEBCAMPは挫折しない?

 

DMM WEBCAMPのオンライン講座について

結論から言いますとサービスは満足でした。

オンライン講座でもzoomと呼ばれる通話アプリで、パソコンを遠隔操作できるので、自分がわからないところを、メンターに質問して、メンターさんが自分のパソコンを遠隔で操作してくれるのでつまずいてもすぐに解決してくれます。

 

また、DMM WEBCAMPは、運営さんも非常に親切な印象があります。

と言いますのも、定期的に受講生同士で交流を図れるような仕組みを作ってくれていたからです。

 

具体的にどのようなことをしていたのかといいますと、Remoと言う架空の教室で受講生同士がビデオ通話できる部屋を作って、互いに交流を図る仕組みを作ってくれました。

もちろんビデオ通話なので若干のタイムラグや会話が被ってしまうなどのトラブルもありますが、交流した受講生とは今でも連絡を取るなどしており、非常に良い仲間を作れました。

 

プログラミングは非常に挫折する人が多い勉強でもあるので、そんな中で仲間を作って高め合える環境を用意してくれたのは非常にありがたかったです。

仕事を辞めて通った感想

私は仕事を辞めてDMM WEBCAMPに通ったのですが、他の受講生も仕事を辞めて通っていました。というか、仕事をしながらだとカリキュラムをこなせないと思います。

要領の良い方なら仕事をしながらでもできるかもしれませんが、そもそもDMM WEBCAMP公式サイトも仕事を辞めて通うことをお勧めしていたはずです。(確か)

 

 

あと、これは私の個人的な話なのですが、私は北海道から東京に上京したんですね。

ですが、あいにくのコロナウィルスの影響で校舎に通うことができず、東京のシェアハウスで引きこもってずっとプログラミングをしていたので、わざわざ東京に来る必要はなかったのでちょっと残念でしたね( ;∀;)

挫折するかどうかについて

 

これもよく聞かれる質問なのですが、結論から言うと挫折者は数人いました。

ここで数人と説明しているのは、自分のことで精一杯で、他の誰かが挫折したかと言うのを気にしている余裕がなかったからです。(笑)

実際、途中で離脱した方がどんな理由で離脱したのかは分かりませんので、あまり詳しく話すのはやめておきます。

ですが、1つ言えることがあるとしたら、決して安くは無いお金を払っているわけなので簡単にやめる事はできません。

正直スクールでの勉強は楽なものではありませんでしたが、スクールには助けてくれる人がいたので、自分が助けを求めれば絶対に助けてくれます。

挫折しそうになっても自分は1人じゃないんだと言う気持ちを忘れずに、ひとりで抱え込まずにメンターさんに頼ることを忘れなければ絶対に挫折しないです。

とは言え、お金を払ったからといって、お客様感覚でWEBCAMP受講すると、痛い目を見ることになってしまうので、あくまでもスクールは自分の勉強の補助として活用すると言う感覚を忘れずにプログラミングを勉強することが大切だと思いました。

DMM WEBCAMPのオンライン講座に仕事を辞めて通った感想 まとめ

 

コロナウイルスで大変な時期に受講することになりましたが、とても充実した受講期間でした。

運営会社さんも、初のオンライン授業と言うことで非常に困惑していたと思いますが非常に親切に対応してくださったので、そういった姿勢がすごく素晴らしいなと思いました。

多分、今後さらに素晴らしいサービスを提供してくれると思います。

 

自分の人生で何かを変えたいと思っている方にとっては、長期的に見たらスクールに払うお金は決して高くはないと私は考えています。

私のように意思が弱い人間はスクールに通って誰かに強制力を振ってもらったほうが勉強できると自負していたので迷うことなくスクールに通うことを決めました(笑)

2020年の8月にスクールを卒業して現在は転職活動中ですが、そういった状況も併せてブログで報告していければと思います。

 

それではこの辺で失礼します。

この記事が参考になった、為になったと思ったらTwitterやSNSでシェアしてもらえるとうれしいです、コメントなどもお待ちしていますのでぜひお気軽にコメントして下さると幸いです。それでは!

ABOUT ME
ともや
大卒でフリーターを半年したのち、公務員として約2年勤務するも適応障害で退職。 その後は引きこもりニートを1年、転職を4回、短期離職を3回という社会不適合者ぶりを発揮する。このままではマズイと思い本気の転職を決意。現在はホワイト企業の商社で働いている。詳しいプロフィール

知っている人だけ得をする!

最高の転職をするために必須の”転職サイト”

 

ぼくが転職にこだわったのが次の2つです。

土日祝日が休みで年間休日がおおい職場

残業が少なくて副業や趣味に時間をつかえる

「でも、こんな都合の良い求人なんてあるわけないよな…」と思っていましたが、これから紹介する転職サイトを見つけてから、すぐに理想の求人と出会えました。

なぜなら転職サイトでは非公開求人という、ハローワークなどではゼッタイに見つけることができない求人を紹介しくれるサービスがあるからです。

ぼくが、ひとりでも転職を成功させることができたのは、間違いなく以下の転職サイトのサポートがあったからです。

苦しいときもツライときも親身になって相談に乗ってくれるのでゼッタイに利用してほしいサイトです。

 

第二新卒エージェントneo
第二新卒エージェントneo

取引企業は約1万

不採用通知の内容が分かるからすぐに改善が出来る

取引企業は約1万社ある

スタッフが全員第二新卒

 

 

就職Shop

書類選考なしなので履歴書で落ちない

事務や企画、技術系の職種での募集も多数

利用者の4人に3人は正社員未経験

 

 

ウズキャリ

既卒・第二新卒・フリーターの内定率86%以上

個別サポートとスクール形式を選べる

独自のブラック企業データベースを保有

 

リクルートエージェントが実施した、転職経験者を対象にしたアンケートによると登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めていました。「3社」は26.1%。「1社」と答えた人は全体の26.6%でした。

引用元:リクルートエージェント

「今すぐ転職するわけじゃないし‥」という人も、前もって登録だけしておくことで、必要なとき、すぐに行動開始できるので事前に登録しておきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です