田舎暮らし

【子供に悪影響?】幼少期に両親が不仲だった話と離婚後の話

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約635

 

どうも友哉です。皆さんお元気ですか??

今日は、いくつかあった質問の中から、私の幼少期の頃のお話を聞きたいと言う質問があったので、私の幼少期についてお話ししていこうと思います。

結論から言うと、私の両親は私が小学5年生の時に離婚をしました。離婚をする前から3度ほど別居しており、別居をするたびに私はおばあちゃんの家に行ったり、親族の家に預けられていた記憶があります。

では、幼少期の親の不仲が、子供にどんな影響与えるのかということについて、当時の私の子供から見た目線でお話ししていこうと思います。

 

この記事を読むことで、

幼少期の両親の不仲が子供に与える影響

子供のことを考えると離婚をするのはだめなのか?

といった内容を理解できるかと思いますので、幼少期の両親の不仲が子供にどんな影響与えるのか?と言う内容を知りたいと言う方はぜひ最後まで読み進めていただければと思います。

私の実体験に基づくお話をしているので、きっと参考になるかと思います。ですので、もし現在夫婦関係で悩んでいる方はぜひ最後まで読んでもらえればと思います。

それでは早速やっていきましょう!!

【子供に悪影響?】幼少期に両親が不仲だった話と離婚後の話 結論

結論から言うと、両親の不仲は子供に良い影響を与えないと思います。

なぜなら私自身、幼少期の記憶はあまり覚えてはいないのですが、よく父親と母親が口げんかしてどちらか片方が家を出て行っているシーンと言うのをよく覚えているんです。

このように、悪い記憶をよく覚えていると言うのは人間の本能です。

これはネガティブバイアスと言うものが働いているからです。このネガティブバイアスは人間が生きる上ではとても必要な性質です。なぜなら一昔前は敵から身を守らなければ命を守れなかったので、常にネガティブなことに目を配って生活して行かなければならなかったからです。

このように、ネガティブな事柄をよく覚えていると言うのは皆さんにもよく当てはまるのではないでしょうか??

私の場合は、両親が不仲だったことをよく覚えているので、人間関係を構築する上で深い関係を構築するのを避ける傾向があります。

初対面の相手とはうまく話せるものの、深く関わるにつれて、これ以上は自分の世界に入り込まないでほしい。と言うラインみたいなものがあります。

 

どうやらこのような現象は、一般的に回避型と呼ばれるらしく。幼少期に十分な愛情を注がれなかった子供などに起きる現象らしいです。ただ、私の場合は原因がはっきりとわかっているので、今は昔と比べて”回避型”と言う性格的傾向は改善されています。

 

すみません若干話が難しくなってきましたが簡単にまとめるとこのようになります。

この部分のまとめ

幼少期に親が不仲で、子供に十分な愛情を注がない状態が続くと、子供は大人になってから人間関係を深く構築することを避けるようになる。

これは一般的に『回避型』と呼ばれる。

(私の場合は社会人1年目まで、人間関係を構築する上で深い関わりを避ける傾向が強かった。)

 

ここまでは大丈夫でしょうか?

それでは次の解説に進みますね。次の解説では、両親の離婚についてお話ししていきます。

離婚はしちゃダメなのか?

結論から言うと離婚してもいいと思います。

なぜなら、結婚をしていても家庭内で仲が悪ければ、子供にとってどちらにせよ悪影響だからです。

家庭内でも仲が悪ければ、離婚していても結婚していても特に大差ないと私は感じます。

どちらにせよ子供からすると辛いに決まってます。

私が一番辛かったこと

両親が離婚する上で私が1番辛かった事は、母から聞かれた「お父さんとお母さんどっちについていく??」と言う質問です。こんなことを聞く母親に対してとても嫌悪感を感じたのは今でも鮮明に覚えています。

どちらかを選べばどちらかを傷つけてしまうことになるので、子供にはとても厳しい質問です。

結果的に私は答えを出さなかった(親を無視して部屋に引きこもってました)のですが、母親に連れていかれたのを覚えています。

田舎住みだとすぐ噂になる

私の地元は北海道の田舎町なのですが、田舎町というのは噂話がすぐ広まります。

私は離婚後も苗字を変えないで生活していたのですが、私の父親と母親の離婚と言うのはすぐに広まりました。当時の私は小学5年生の頃だったので、すごく傷ついたのは覚えています。

グレて一切勉強しなかった話

父親と母親が離婚後、母親が家に男を連れ込んでいるのを目撃しました。

正確に言うと、目撃したと言うよりも、父親に見せられました。

この時に、私は完全にグレました。

 

男を家に連れ込んでいる母親もそうだし、それを子供に見せてくれ父親もどうかしてると思いました。

なので、こんな両親の元から早く離れて1人で暮らしてやると思いました。ですが当時まだ中学生だったので、そんな財力もないですし今のようにスマホも普及していませんから、情報収集する能力もありません。

自分は何もできないんだと言う無力感に襲われ、学校でも授業を受けずに、一切勉強しなくなりました。

数学で2回、0点をとったことがあります。

 

三者面談で進学が厳しいと言われる

すっかりグレてしまい、勉強しなくなった私は高校進学の際に行われる三者面談で、今の成績だと高校進学が厳しいと担任の先生に言われました。

それはさすがにまずいと私は思いました。なので必死に勉強のできる友達に勉強を教えてもらえました。冬休みにほぼ毎日友人の家にお邪魔させてもらい、徹底的に勉強を教えてもらえました。

結果としてギリギリ高校に進学することができました。

中学でビリから高校でオール5をとるまでに成長した

 

高校にいけないと担任の先生に言われ、そこから必死で勉強した私は、勉強の習慣がすっかり身に付いていきました。

それに加えて、勉強しないと痛い目を見るんだと痛感したので、高校では絶対に勉強頑張ろうと決めていました。

勉強は辛かったですが、両親の離婚では両親が口論をしている姿を見るよりは辛くなかったです。

それに勉強に集中しているときは辛い過去のことを思い出さずに済むので不思議と勉強にのめり込んでいくようになりました。

 

詳しい勉強方法については解説すると1つの記事になってしまうのでここでは割愛します。

 

https://www.kaerudakero.blog/study-method

 

結果として私は高校生活でオール5を取ることができて、国公立大学に進学することができました。そして晴れて両親から離れて生活をすることができるようになりました。

結果論ですが、両親が離婚したことで私にとって大きな目標ができたので今となってはいい思い出です。

 

両親に対して思うこと

ここまでの内容を読んでいくと、私は両親に対して恨みを持っていると思われるかもしれませんが、決してそんな事はありません。

健康な体に産んでくれたことはもちろんですが、成人するまでなんだかんだ育ててくれた事は、当たり前のような事ですが、とてもありがたいことだと思っています。

なんだかんだ母親は高校時代、弁当を毎日作ってくれました。

もちろん、このように感謝の気持ちを持てるのは、今の私が精神的に落ち着いているからだと言うこともいえます。

 

今まさに、両親が離婚の危機で辛い状況に置かれている人からすると、私の言っている事はきれいごとのように聞こえるかもしれません。ですが、当時の私も離婚した両親に対して本当に怒りでいっぱいでしたし、この世界から消えてしまいたいと本当に毎日のように考えていました。

子供は親を選べませんから、風中の両親のもとに生まれてきてしまった子供は本当にかわいそうだと思います。

ですが、今の日本ではありがたいことに様々な社会保障制度が整っているので、目標さえしっかり持って努力すれば、国が支えてくれる側面もあります。

例えば勉強をがんばって、選べる学校を増やすと言うのも目標設定の1つです。

今まさに苦しい状況に置かれていると、視野が狭まってしまい、いろいろな選択肢が見えなくなってきます。

でも大丈夫です、世界はめちゃくちゃ広いです。私自身が田舎で育ち、家の中が全ての世界だと思い込んでいた時期がありましたが、大学進学してからは、世界がこんなに広くて楽しいものだと気づくことができました。

なので、この記事を読んでくれているあなたが、とても辛い状況に置かれているとしても、自分の努力次第で見える世界は変えられると言う事は絶対に忘れないでほしいと思います。

努力は辛いことかと思われるかもしれませんが、目標に向かってする努力はとても楽しいものです。

おわりに

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回の記事はいかがだったでしょうか??

本当はもっと書きたいことあるのですが、あまり文字数が長くなってしまっても読みにくいかなと思い割愛した部分があるので、このシリーズが好評であれば、まだ何個か描いていきたいと思います。

 

今回の内容が、少しでも誰かの心を楽にする内容となっていれば嬉しく思います。

 

もしよかったらTwitterや各種SNSでシェアしていただけるととてもうれしいです^^

それではまた次回の内容を楽しみにお待ちください!!

 

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です