田舎暮らし

若者が田舎暮らしを楽しむ方法6選まとめ

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約849

 

 

ともこ
ともこ

田舎ってつまんない。遊ぶ場所もないし…。

なんか楽しいことないかな〜。

今回はこのようなお悩みにお答えしていきます。

 

ともや
ともや

この記事を書いている私は、人口2万人の田舎町から東京に上京した田舎者です。

ですので、田舎暮らしをつまらないと思っているあなたに、田舎暮らしを楽しむ方法を、ご紹介することができる自信があります。

この記事を読むことで、

田舎暮らしを楽しむことができるようになります。

若者が田舎暮らしを楽しむ方法6選

若者が田舎暮らしを楽しむ方法は6つあります。

その6つは以下の6つです。

サークルに参加する

ドライブをする

料理をする

野菜を育てる

景色を楽しむ

発信活動をする

それではこの6つについて、1つずつ解説していきますね。

サークルに参加する

ヒマならサークル活動に参加してみましょう。

サークルに参加すれば、出会いも増えますし、休日を楽しく過ごすことができます。

例えば、私の暮らしていた地域では、

ダンスサークル

草野球

サッカー

フットサル

カラオケ愛好会

バイク愛好会

釣りサークル

陶芸教室

パークゴルフ

ソフトテニスサークル

などなど、たくさんのサークルがありました。

私の暮らしている地域では、どんなサークルがあるのかわかりません。

という方は、お住まいの地域の

・町役場

・市役所

などに問い合わせみてください。

 

町役場や市役所に問い合わせてみると、

どんなサークルがあなたの地域にあるのか教えてくれます。

 

なので、興味のある方はぜひ問い合わせてみてください。

ドライブをする(散歩でも大丈夫)

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、ドライブもオススメです。

ドライブをオススメする理由は、ストレス解消効果があるからです。

私たちは自然と触れ合うことで幸福感の増大、不安感の軽減などの効果を得られることができます。

 

なので、田舎に住んでいて自然に囲まれた環境に暮らしているのであれば、ドライブをして自然と触れ合う習慣を身につけてみてください。

でも私は車を持っていません。

 

という人は、散歩でも大丈夫です。

大切なのは自然と触れ合うことです。

ワタシは田舎に帰ったらこんな感じで散歩してます(ワタシのTwitter)

料理を極める

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、料理を極めるのもオススメです。

料理を極めるのがオススメな理由は、田舎では新鮮な食材が簡単に手に入るからです。

 

たとえば、

近所の人からもらった野菜を使った料理をインスタにUPしたり、

ツイッターで発信しても面白いですね。

料理風景をYoutubeで公開しても良いですね。

 

自分の投稿なんて誰にも見てもらえないよ〜

と思っている人もいるかもしれませんが、大丈夫ですよ。

今はコロナの影響もあり、地方移住への関心が高まっています。

なので、田舎暮らしをしている人の投稿はとても人気があります。

ですので、料理を極めて発信活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

参考までにワタシの料理ツイートを貼っておきます。

こんなツイートですら10人から『いいね』もらえます。

野菜を育てる

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、野菜を育ててみるのもオススメです。

野菜を育てることをオススメする理由は、単純に楽しいからです。

 

たとえば、下記のツイートをご覧ください。

これはワタシのツイートです。

カボチャ

サツマイモ

じゃがいも

これらの食材はスーパーでも簡単に手に入ります。

ですが、自分で作った野菜はとても美味しく感じます。

でも野菜を育てるのはちょっとハードルが高いな〜

と思うかもしれませんが、意外と簡単に育てられますよ。

詳しくは「野菜 育て方 簡単」などで検索してみてください。

自分で育てた野菜が成長してくのを見るのは楽しいですよ。

景色を楽しむ

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、景色を楽しむのもオススメです。

景色を楽しむことをオススメする理由は、都会だとなかなか景色を楽しめないからです。

もちろん都会にも良い景色はあります。

ありますが、やはり田舎と比べると壮大さというか、スケールが違います。

なので、田舎に暮らしているのであれば、景色を楽しんでください。

とはいえ、田舎に暮らしているときは、景色のありがたさって、なかなか感じにくいんですよね(笑)

発信活動をする

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、発信活動をするのもオススメです。

発信活動をオススメする理由は、いまは田舎の暮らしが注目を浴びやすいからです。

じっさい、いまはコロナウイルスの影響もあり、地方に移住してテレワークをする動きが増えています。

それに、日本政府も地方移住を応援する政策もおこなっています。

なので、田舎の暮らしは今後ますます、注目を浴びていきます。

なので、この機会に田舎暮らしを発信してみてはいかがでしょうか?

インターネットを通じると、日本中の人とつながることができるので、きっと見える世界が広がりますよ。

それに、インターネットを通じて、おしごとの依頼を受けたりするチャンスだってあります。

発信活動はスマホさえあれば、誰でもできる時代なので、ぜひやってみてください。

でもネットの世界って怖い。

と思われるかもしれませんが、安心してください。

ネットで悪口を書いている人間は、インターネット利用者のうち、わずか0.6%ほどと言われています。

なので、安心して発信活動をしてくださいね。

というか、そもそも人間は良いことよりも、悪いことに意識が向きやすい生き物です。

なので、そういった人間の性質も理解しておくと良いですよ。

まとめ

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

最後にこの記事に内容をおさらいしていきましょう。

この記事のまとめ

若者が田舎暮らしを楽しむ方法は6つ。

その6つは以下の6つ。

サークルに参加する

ドライブをする

料理をする

野菜を育てる

景色を楽しむ

発信活動をする

 

サークルに参加する

サークルに参加すれば、出会いも増えますし、休日を楽しく過ごすことができます。

自分の暮らしている地域で、どんなサークルがあるのかわかりません。

という方は、お住まいの地域の

・町役場

・市役所

などに問い合わせみてください。

 

ドライブをする

ドライブをオススメする理由は、ドライブには、ストレス解消効果があるからです。

私たちは自然と触れ合うことで

幸福感の増大

不安感の軽減

など、ありがたい効果を感じることができます。

 

なので、田舎に住んでいて自然に囲まれた環境に暮らしているのであれば、

ドライブをして自然と触れ合う習慣を身につけてみてください。

私は車を持っていません。

という人は、散歩でも大丈夫です。

大切なのは自然と触れ合うことです。

 

料理をする

料理を極めるのがオススメな理由は、田舎では新鮮な食材が簡単に手に入るからです。

 

たとえば、

田舎で育った野菜を使った料理をInstagramにUPしたり、

ツイッターで発信しても面白いですね。

料理シーンをYoutubeで公開しても良いでしょう。

自分の投稿なんて誰にも見てもらえないよ〜

と思っている人もいるかもしれませんが、大丈夫ですよ。

今はコロナの影響もあり、地方移住への関心が高まっています。

なので、田舎暮らしをしている人の投稿はとても人気があります。

ですので、料理を極めて発信活動を始めてみてはいかがでしょうか。

 

野菜を育てる

野菜を育てることをオススメする理由は、単純に楽しいからです。

とはいえ、野菜は、スーパーでも簡単に手に入ります。

ですが、自分で作った野菜はとても美味しく感じます。

でも野菜を育てるのはちょっとハードルが高いな〜

と思うかもしれませんが、意外と簡単に育てられますよ。

詳しくは「野菜 育て方 簡単」などで検索してみてください。

自分で育てた野菜が成長してくのを見るのは楽しいですよ。

 

景色を楽しむ

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、景色を楽しむのもオススメです。

景色を楽しむことをオススメする理由は、都会だとなかなか景色を楽しめないからです。

もちろん都会にも良い景色はあります。

ありますが、やはり田舎と比べると壮大さというか、スケールが違います。

なので、田舎に暮らしているのであれば、景色を楽しんでください。

とはいえ、田舎に暮らしているときは、景色のありがたさって、なかなか感じにくいんですよね(笑)

発信活動をする

田舎暮らしを楽しむ方法の1つとして、発信活動をするのもオススメです。

発信活動をオススメする理由は、いまは田舎の暮らしが注目を浴びやすいからです。

じっさい、いまはコロナウイルスの影響もあり、地方に移住してテレワークをする動きが増えています。

それに、日本政府も地方移住を応援する政策もおこなっています。

なので、田舎の暮らしは今後ますます、注目を浴びていきます。

なので、この機会に田舎暮らしを発信してみてはいかがでしょうか?

インターネットを通じると、日本中の人とつながることができるので、きっと見える世界が広がりますよ。

それに、インターネットを通じて、おしごとの依頼を受けたりするチャンスだってあります。

発信活動はスマホさえあれば、誰でもできる時代なので、ぜひ気軽にやってみてください。

でもネットの世界って怖い。

と思われるかもしれませんが、安心してください。

ネットで悪口を書いている人間は、インターネット利用者のうち、わずか0.6%ほどと言われています。

なので、安心して発信活動をしてくださいね。

というか、そもそも人間は良いことよりも、悪いことに意識が向きやすい生き物です。

なので、ネガティブな感情に襲われそうになったら、ネガティブになりやすい人間の性質も理解しておくと良いですよ。

 

以上が今回の内容のまとめです。

今回の内容が田舎暮らしを楽しむキッカケになってくれたら、とても嬉しいです。

それではまた、次回の内容でお会いしましょう。

【田舎に生まれたら人生終了?】不利な点をまとめる【脱負け組!】 今回はこのような疑問にお答えしていきます。 これらの4つの...
ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です