田舎暮らし

【実家でイライラする人向へ】したらダメな行動【ストレス発散】

⏰この記事を読むのにかかる時間⏰: 約423

 

どうも皆さんこんにちは友哉です。今回TwitterからDMでお問い合わせをいただきましたので、そのDMにお答えする形で記事を執筆していきます。

今回いただいたDMの内容は以下の通りです。(送信者の方からは許可を得ています。)

はじめまして、ツイートの内容を見てDMさせていただきました〇〇と申します。

私もプログラミング学習をしているのですが、家族からはそんなことしてないで外に出ろと言われて、正直腹が立ちます。

友哉さんは一人暮らしで学習をされていると思うのですが、もし私のように実家でプログラミング学習をしていて、家族からこのように嫌なことを言われて、イライラしてしまう時はどのように対処しますか。友哉さんのご意見を聞かせていただきたいです。

 

ご質問いただきありがとうございます、人間も生き物ですから、怒りの感情と言うのは避けて通れないものですよね。

でもそんな一見負の感情と思われる怒りの感情も使い方次第では、良い方向に変えることもできるので今日は私が実際に行っている怒りの感情の対処の仕方についてまとめて行きます。

 

この記事を読むことで

ムカつく,イラつく,腹が立つを抑える方法でやっちゃダメなこと

むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情を良い方向に利用する方法

この2つの内容を理解できるかと思うので、むかつく、イラつく、腹が立つと言う負の感情をうまく力に変えて、人生を良い方向に変えていきたいと思っている人はぜひ最後まで読んでみてください。

きっとこの記事を読み終える頃には。むかつく、イラつく腹が立つと言う負の感情に対する捉え方が大きく変わっているはずです。

それでは早速やっていきましょう!!

 

ムカつく,イラつく,腹が立つを抑える方法でコレはやっちゃダメ

むかつく、イラつく、腹が立つと言う負の感情を抑えるために1番やってはいけないのはぬいぐるみや、物に八つ当たりすることです。

つまりクレヨンしんちゃんのねねちゃんのママは、1番やってはいけないことをやっていると言うことです。

ぬいぐるみや、物に八つ当たりすると、ストレスは軽減されずに、むしろ、むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情は余計に大きくなります。

そうなってしまうと感情に任せて、ついうっかり人間関係を壊してしまうことにもなりかねないので注意が必要です。

では、むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情を抑えるために何をすれば良いのかと言うことを説明させていただきます。

むかつく、イラつく、腹が立つの感情を抑えるためにすべきこと

むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情を抑えるためにすべき事は、筋トレやウォーキング、ジョギングなどの運動です。

ぬいぐるみを殴ったりものに八つ当たりする場合と比べて、筋トレやウォーキング、ジョギングなどのように活動的なアクションはストレスを軽減させることがわかっています。

つまり、自分以外のものに八つ当たりした場合ストレスは軽減されず、自分自身に負荷をかける行動をすることでストレスが軽減されると考えてもらって差し支えありません。

 

確かに、私の場合も、ものに対して八つ当たりしても。余計に怒りが増大される感じがしていたので、このストレス軽減方法を知ったときはとても参考になりました。

 

では、ストレスを軽減させる方法がわかったところで、むかつく、イラつく、腹が立つという怒りの感情をうまく使って、人生をより良い方向に向けるにはどのようにすれば良いのかと言うこともお話しさせていただきます。

 

怒りの感情をうまく使って人生を良い方向に変えるには

 

一見悪い感情だと思われがちな、むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情ですが、うまく使うと人生を良い方向に変えることができます。

ではどのようにむかつく、イラつく、腹が立つと言う感情を使っていくのかといいますと、むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情が巻き起こったときに、何かあなたの中で、始めたいと思っていた新しいことをやってみることです。

むかつく、イラつく、腹が立つと言う怒りの感情は、何か始めたいと思っていたけれどもなかなか一歩踏み出せていなかったことを始めるために、自分の背中を押す材料になりえます。

 

実際に私の場合も、むかつく、イラつく、腹が立つと言う感情が巻き起こったときに、昔からやってみたかった職種に応募してみたり、プログラミングスクールについて詳しく調べてみたり、いつかやってみようと思っていたけれども、なかなか手をつけてこなかったことにとりかかってきました。

 

実際にやってみるとわかるのですが、怒りの感情は、行動を良い方向にも悪い方向にも大胆な方向に導きます。

ですが、今回の記事を読んで、怒りの感情が人間の行動をどのような方向に導くのか??と言うことを事前に勉強して理解したあなたであれば、誤った判断はせずに、怒りの感情をうまく利用することができるはずです。

 

記事の前半部分でも、怒りの感情はコルチゾールと言うストレスホルモンの分泌させる。と言うお話をしましたが、このコルチゾールと言うのは人間が朝起きた時にも分泌されています。

コルチゾールは人間が物事を習慣化するときに役に立つホルモンであるとも言われており、物事を習慣化したい場合などにもうまく使うことができるホルモンです。

ぜひストレスホルモンをうまく使って、人生を良い方向に導く習慣を身に付けていただければと思います。

おわりに

 

最後まで読んでいただきありがとうございます、今回の内容はお役に立てたでしょうか?

今回の内容を最後まで読んで、むかつく、イラつく、腹が立つなどの負の感情をうまく利用して、人生を良い方向に導く材料として活用していただければと思います。

今回の内容のように、私のブログでは読者さんからの質問にも答えさせていただいておりますので、TwitterのDMや、もしくはこの投稿のコメント欄などでご質問いただければと思います。

それでは今日はこの辺でお別れとなります、最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

記事をTwitterやSNSでシェアしていただけるととてもうれしいです。

ABOUT ME
ともや
人口2万人の北海道の町出身( ͡° ͜ʖ ͡°) WEBライター/プログラミング/フリーランスWebライターです。 新卒公務員→体調崩し退職→転職のため上京→緊急事態宣言→貯金0円→ブログ収益6桁とWEBライターで生活してます💻 都内のシェアハウスでブログ書いてます。 取材やWEBライターのお仕事の依頼はお問い合わせフォームからお願いします🙇‍♂️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です